セサミンサプリの効果・効能講座 HOME » 老化防止&若返り成分セサミンとは » 30代から取り入れるセサミンの効果について

30代から取り入れるセサミンの効果について

ゴマは昔から、栄養の宝庫といわれるぐらい多くの栄養成分が含まれています。その中でも注目されている成分がセサミンです。セサミンが30代に与える効果についてまとめました。

30代に嬉しいセサミンの効果とは?

30代に摂取してほしいセサミンの効果を紹介しています。 30代になると特に気になる「二日酔い」「髪に与える効果」「コレステロール値」の3つをピックアップしました。

二日酔いの効果

「お酒のつまみとしてゴマを食べると悪酔いしない」という言葉を聞いたことはないでしょうか?ゴマに含まれるセサミンには、肝臓の機能を向上させる作用があります。肝臓はアルコール分解をする能力を持っているため、血中のアルコール濃度を減らすことが可能です。

血中に含まれているアルコールの消失速度による実験の結果では、マウスを2群に分類。1群は普通食を与え、残り1群にはセサミン(0.5%)が含まれる飼料を与えて16日間飼育をしました。20%のエタノールを経口投与し、血中アルコール濃度を調べると、セサミンを投与したマウス群は3時間で血中のエタノール濃度が半分以下に下がる結果に。なお、普通食を与えていたマウス群は、多少の変化はあったものの、セサミンを投与したマウス群と比べるとエタノール消失速度に2倍以上の差がでました。

髪に与える効果

セサミンは全身の細胞の酸化を防ぎ、抑制する効果を持っています。育毛や白髪の予防に効果的ともいわれていますが、セサミン自体に育毛の効果はありません。セサミンは血管をキレイにし、血液をサラサラにしてくれる効果があります。髪の毛にとって必要なのは、血行の促進であるため、髪の毛に栄養を多く届けることで成長を促します。

ゴマは、人の健康に対する機能性食品として、または医薬品として古くから使用されてきました。中薬大辞典によると、「肝臓を補い、五臓を潤す。気力、活力、筋力を増加。消炎、止痛、禿頭に生じる。」と昔から育毛促進に効果を発揮することがわかっています。

セサミンには育毛の効果はありませんが、抜け落ちるのを防ぐ重要な役割を持っているのです。

コレステロール値

コレステロールは体の細胞膜やホルモン、胆汁酸などを構成する大切な成分です。コレステロールをつくる場所は肝臓ですが、肝機能が弱まってしまうとコレステロールは正常につくられません。代わりに、血液中の悪玉コレステロールが上昇します。悪玉コレステロールが血管の内側にこびりついてしまうと、血液の通り道を狭めてしまう恐れもあります。セサミンには悪玉コレステロールを低減させる働きがあり、研究結果でも効果が実証されています。

実験結果によると、セサミンには血清コレステロールの低下作用があることが分かりました。作用のメカニズムは、小腸からのコレステロール吸収が阻害されること、肝臓でのコレステロール合成が阻害されることを確認。

また、マウスを用いた実験では、コレステロール値が高いマウスの高コレステロール血症に対して、セサミンを配合した飼料を与えました。2週間自由に摂取させたところ、セサミンの飼料を食べたマウス群の血清コレステロール値は、対照群と比較して用量依存的に低下しました。

セサミンを取り入れるなら、食べるよりも飲む!

セサミンを摂取しようと思っても、ゴマを毎日食べるのは効率がよくありません。なぜなら、セサミンはゴマの油の中に約0.5~0.7%しか含まれていない貴重な成分だからです。セサミンを効率的に多く摂取するのであれば、サプリメントがおすすめ。手軽にセサミンを取り入れることができるので、継続しやすいですよ。

CONTENTS