特集 人気のセサミンサプリ徹底比較 数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品をセサミン量・カロリー・価格で比較してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

ランキングはこちら

食事で補うことはできる?

日本はゴマの輸入大国。国内で消費されているゴマの90%以上を、アフリカや中南米からの輸入に頼っていて、世界第2位のゴマ輸入国となっているそう。それほど、日本人は多くのゴマを口にする民族だと言われているのです。

だからといって、「ゴマ油を使った料理やゴマ和えをたくさん食べれば、セサミンを十分摂取できるはず!」と安易に考えても良いのでしょうか?

食事によってセサミンの必要量を補うことができるのかどうか、考えてみましょう。

セサミンの1日の摂取目安はゴマにすると3000粒以上!!

セサミンは天然のゴマに含まれている成分ですから、化学合成された薬品などのように、摂取しすぎても体に直接の害はありません。ですが、極端に多く摂り過ぎても体には吸収されず、無駄に排出されるだけなので、1日の目安量と言われる8~10mg程度という量を守って摂取するのが、理想的です。

しかし、8~10mgのセサミンを摂取するためには、1日に約3000粒ものゴマを食べなければならない計算になり、毎日ゴマ和えやゴマ料理を食べ続けることになってしまいます。

しかも、ゴマは硬い皮に包まれていて、そのままでは成分が体に吸収されにくいので、すりつぶしてから食べる必要があり、ちょっと面倒に感じてしまうのが正直なところ。食事だけでセサミンを取ろうと考えるのは、現実的ではありませんね。

セサミンを凝縮して摂取できるサプリメントがいちばん!

ゴマに含まれている成分のうち、50%以上は脂質だと言われています。たった1%しか含まれていないセサミンを摂取するために、ほとんどが脂質でできているゴマをせっせと食べ続けるのは、無駄な苦労が多いだけではなく、カロリー過多になってしまう面から言っても、おすすめできません。

そこで便利なのが、サプリメントです。サプリメント商品の多くは、有効成分であるセサミンだけを凝縮して配合しているので、効率よく摂取できますし、カプセルを規定量飲むだけで、1日の目安分を摂ることができて手軽なのも嬉しいですね。さらに、セサミンが体に吸収されやすいよう工夫されていて、一緒に摂取すると健康効果が増す成分などを組み合わせて、配合している商品もあります。

セサミン以外のゴマリグナン類も一緒に摂取しよう

ゴマにはセサミン以外にも、抗酸化作用や肝機能を高める効果、血中の悪玉コレステロールを減らす効果など、さまざまな健康効果を持つ成分が多く含まれています。

ゴマリグナン類と呼ばれる成分で、セサミンのほかにセサモリン、セサモールなどがあるそう。セサモリンはゴマ油に多く含まれている成分で、ゴマを加工する過程で抗酸化作用の強いセサミノールなどの成分に変化するものです。

ゴマリグナン類のうち、半分以上を占めるのがセサミンだと言われていますが、そのほかのセサモリンやセサモール、セサミノールなどの成分もぜひとりいれたいもの。それぞれが抗酸化作用や独自の健康効果を持っているので、あらゆる角度からゴマの健康パワーを得るためにも、セサミン以外のゴマリグナン類も、一緒に摂取するようにしましょう。

CONTENTS