セサミンサプリおすすめBEST3

セサミノール

ゴマ油に含まれている成分「セサミノール」が体に良い成分であると期待されています。セサミノールがどんな成分なのか、どのような効果が期待されているのかをリサーチして紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

セサミノールってどんな成分?

ゴマに含まれる健康に良い成分

セサミノールはゴマから作り出せる成分で、「ゴマリグナン」という抗酸化物質のひとつです。ゴマに含まれている成分といえば、セサミンを思い浮かべる方も多いかともいます。実はセサミンもこのゴマリグナンの一種です。

セサミノールの持つ抗酸化作用は強く、体に悪さをする活性酸素を消してしまうほどの働きを持っています。ゴマサラダ油が他の植物油と比べても長く使うことができるのは、この強い抗酸化作用が油の劣化を防いでいるからなのです。

また、セサミノールには「セサミノール配糖体」と呼ばれる水溶性の成分も存在しています。このセサミノール配糖体は、この成分自体には効果がありません。ですが体内の腸内細菌によって分解されることで、セサミノールに変わりセサミノールと同じ効果を得られるようです。

セサミノールが含まれるものや構造、他成分との関係

セサミノールはセサミンと同様に、ゴマの作物に豊富に含まれるゴマリグナンの抗酸化物質の1種です。ゴマサラダ油に含まれる成分であり、体に悪影響を与える活性酸素を消す抗酸化作用を持ちます。

セサミノールはゴマ油を製造する工程でゴマリグナンに含まれるセサモリンから二次的に生成されるのですが、ゴマ種子中にも配糖体として多く存在することがわかりました。さらに抗酸化作用だけでなく、抗動脈硬化作用や抗がん作用などさまざまな生理活性が明らかになっている優れた成分です。

ゴマ種子中に多く含まれるセサミノールですが、難分解性のためゴマをそのまま摂取しても分解して吸収することが難しく、ほとんどはそのまま排出されると考えられています。ゴマ種子の中ではセサミノールに糖の分子がついたセサミノール配糖体として大量に含まれており、この成分が腸内細菌の働きによってセサミノールに変換。腸管から吸収されることで、全身の細胞が酸化することを防いでくれます。

セサミノールはゴマ油を生成する脱色工程で作られるため、焙煎していない白くて透明なゴマ油に多く含まれている成分です。擦った状態と違い食物繊維などはなくなりますが、より強い抗酸化作用を発揮します。

セサミノールの効果

セサミノールはその強い抗酸化作用により、様々な体のトラブルの予防が期待されています。

コレステロール値の減少による心筋梗塞・動脈硬化予防

ある実験では、セサミノールには人の血清中にあるLDLコレステロールに対して、抑制する効果があるという結果が出ています。この抑制効果はコレステロール値を抑制するための市販薬に使われている成分「α-トコフェロール」よりも高いという結果が出たようです。

コレステロール値が高いと動脈硬化や心筋梗塞になりやすくなるため、その予防にもつながると言えるでしょう。

抗酸化作用によるがん予防効果

強い抗酸化作用により、体内の活性酸素を消す効果があるとされるセサミノール。活性酸素はがんの原因のひとつと考えられているため、がん予防に対して高い効果があると考えられています。

セサミンとの違いとは?

セサミンとセサミノールは同じゴマグリンの一種で、抗酸化作用を持つなど共通する効果を持っています。この2種類の成分の違いに「ゴマに含まれているかどうか」が挙げられます。セサミノールはゴマを加工した際に「セサモリン」という成分が変化したものです。セサミンは元々ゴマに含まれている成分と、人が手を加えて作られて成分という違いがあります。そのため、セサミノールを取るためにはゴマを加工したゴマ油のような食品からの摂取が必要です。

セサミノールやセサミン以外にも、体に良い成分があります。このサイトではそれらの成分に関しても調査していますので、せひチェックしてみてください。

特集
人気の
セサミンサプリ徹底比較

数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品のセサミン量・カロリー・価格を調査してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

CONTENTS
コンテンツ一覧

TOP