セサミンサプリおすすめBEST3

ゴマリグナンとセサミンの違い

セサミンとゴマリグナンの違いについてまとめました。セサミンをはじめとするゴマリグナンに含まれる成分の働きについて詳しく記載しています。ぜひ参考にしてください。

セサミンはゴマリグナンの一種

セサミンは身体に良い成分として健康サプリでよく使用されています。そのセサミンと共に良く耳にする成分のひとつがゴマリグナンです。しかし、この2つの成分について理解している人は少ないのではないでしょうか。ここでは、セサミンとゴマリグナンの違いについて詳しく見ていきましょう。

ゴマリグナン

ゴマリグナンはリグナンという成分で、植物の種子や茎、根に含まれる成分で食物繊維の一種です。ゴマに含まれており、高い抗酸化作用を持っていると言われています。また女性ホルモンのバランスを整える働きも持っていて、更年期障害を和らベル食材としても人気です。

ゴマリグナンは、セサミン・セサモリン・セサモール・セサミノールで構成されています。つまり、セサミンはゴマグリナンの一種ということ。セサミンはゴマグリナンの約半分を占める成分なので、知名度が高くなったのです。

ゴマリグナンを構成する成分の働き

セサミン

肝機能の働きを活性化するセサミン。肝臓の活性酸素を除去し、血液中の余分な悪玉コレステロールの生成を抑える作用があると言われています。その作用が、動脈硬化や心筋梗塞の予防に繋がります。アルコールの解毒を助け、二日酔いにも力を発揮するのだそう。またゴマに含まれるセサミンは、酵素を活性化する力や食欲抑制、エネルギー代謝の増大し、脂肪燃焼の促進。さらに、血糖値のコントロールに欠かせないインスリン分泌を正常値に戻す作用もあるのではないかと考えられています。[注1]

セサモリン

セサモリンはセサミンと同様に、ゴマ製品全般に含まれている抗酸化物質です。老化や癌の原因となる活性酵素を除去する働きがあると言われています。[注2]

セサモール

ゴマの焙煎過程でセサモリンから変化する成分です。よくお店で見かけるこげ茶色のゴマ油に含まれています。脂質の過酸化抑制や体内酸化の防止効果があるようです。[注2]

セサミノール

ゴマ油を作る過程で多く発生するセサミノール。ゴマサラダ油と呼ばれる白く透き通ったゴマ油に多く含まれています。強い抗酸化力があり、活性酵素を除去する働きがあるようです。ゴマ油がほかの植物油に比べて長く使用できるのは、セサミノールが持つ抗酸化物質が油の劣化を防いでいるからなのです。[注2]

脚注:参考文献

特集
人気の
セサミンサプリ徹底比較

数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品のセサミン量・カロリー・価格を調査してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

CONTENTS
コンテンツ一覧

TOP