セサミンサプリの効果・効能講座 HOME » 老化防止&若返り成分セサミンとは » 体の健康をサポートするゴマ由来成分ゴマリグナンとは?

体の健康をサポートするゴマ由来成分ゴマリグナンとは?

ここでは、ごまに含まれる抗酸化物質「ゴマリグナン」の特徴や効果について詳しく説明しています。

ゴマリグナンとは

ゴマリグナンはリグナンと呼ばれる成分のひとつ。「ごま」に含有されている「リグナン」なので、ゴマリグナンと言います。抗酸化作用やダイエット、ホルモンバランスを整えるサポートをしてくれます。ゴマリグナンの抗酸化作用は脂質にアプローチするため、この働きによってごま油が他の油より酸化しにくい性質を持っているのです。

ごまというとセサミンが有名。セサミンにも抗酸化作用やダイエット効果など、ゴマリグナンと似たような働きがありますがゴマリグナンとイコールではありません。ゴマリグナンの中に、セサミンという成分が含まれているというのが正しい考え方です。他にも、「セサミン」「セサモリン」「セサミノール」「エピセサミン」が含まれています。

リグナン類とは

ゴマリグナンが含まれるリグナン類は、抗酸化作用や抗炎症作用のあるポリフェノールの一種。リグナンは通称「植物性リグナン」と言われていますが、植物性リグナンは腸内細菌の働きで「ヒトリグナン」という成分に変換されます。

ヒトリグナンは女性ホルモンの一種「エストロゲン」と構造が似ている物質です。ヒトリグナンとエストロゲンが結びつくと、ホルモンバランスを整える効果があります。アマ・ゴマ・ひまわりなどの「種子類」、ブロッコリー・キャベツ・ニンニク・カーリーケールなどの「野菜類」、アンズ・イチゴなどの「果物」、赤ワイン・紅茶・コーヒーなどの「飲料類」に含まれているのが特徴です。

ゴマリグナンに含まれる成分

セサミン

ゴマリグナンの主成分・セサミンは抗酸化作用が高く、肝機能の働きを活発にする役割があります。体内にある活性酸素の約8割が肝臓で発生。セサミンは門脈(もんみゃく)という血管を通り、肝臓に到達した段階で抗酸化物質に姿を変えます。肝臓の増えすぎた活性酸素を取り除き、動脈硬化や心筋梗塞を補助する働きがあります。

他にも二日酔い予防や脂肪燃焼作用など、さまざまな健康メリットが得られるのがセサミンの特徴です。

セサモリン

ゴマリグナンに含まれる成分の一種です。セサモリンが熱によって分解されることで、抗酸化物質の「セサモール」が生成。また、ゴマ油を脱色する過程では「セサミノール」が生成されます。

セサモール

ごま油に含まれる天然の有機化合物を「セサモール」と言い、色は白っぽく結晶性の個体です。水に溶けにくい性質ですが、油とは混ざりやすいのが特徴。油の劣化を防止する抗酸化作用には、セサモールが大きく関わっています。

セサミノール

セサミノールも他の成分と同じように抗酸化作用が働きます。ゴマリグナンの約半分を占めるセサミンに対し、セサミノールの含有量はほんのわずか。セサミノールは動脈硬化の抑制を手伝う効果があります。

エピセサミン

エピセサミンにはコレステロールや、中性脂肪などを低下させる作用があるという実験結果があります。体内から老化防止をサポートする働きもあるため、積極的に取り入れていきたい成分の一つです。

ゴマリグナンの効果

更年期障害の予防・改善

ゴマリグナンには、女性ホルモンの一種・エストロゲンと似た働きがあるため、更年期障害の予防改善を後押ししてくれます。更年期障害は「女性ホルモンの分泌量の低下」が主な原因。手足がだるい・疲れやすい・イライラ・眠れないなどの症状でお悩みの人におすすめです。

抗がん作用

がん細胞を破壊し、がんを予防するのがゴマリグナンの効果のひとつ。ゴマリグナンを含めたリグナン類には「選択的抗がん作用」という作用があります。これは正常な細胞は傷つけず、がん細胞だけを破壊する作用です。

不妊症予防

ゴマリグナンは女性ホルモン・エストロゲンと似た働きがあるので、子宮や卵巣の機能を高めるのにおすすめの成分。また男性の場合は、前立腺の健康状態が向上します。男女ともに生殖機能の働きが良くなるので、不妊症予防のプラスになるでしょう。

ほかもダイエット効果・骨粗しょう症予防・抜け毛予防・糖尿病予防にも有効です。

ゴマリグナンが効果を発揮するメカニズム

体内では活性酸素が発生し、細胞を酸化することで体に悪影響を与えてしまいます。ゴマリグナンには、セサミンを中心に複数の抗酸化物質が含有。それらが体内に入ることで、体に有害な活性酸素を抑え、動脈硬化や心臓病などの予防が期待できるのです。さらにゴマグリナンには女性ホルモン「エストロゲン」と同様の働きあるので、更年期障害や不妊症の予防にも効果があると言われています。

ゴマリグナンはサプリメントで手軽に摂取するのがおすすめ

抗酸化作用のあるゴマリグナンですが、1日に必要な量を食事で補おうとすると、毎日3000粒も摂取しなければなりません。必要な量のゴマリグナンを摂取するには、ゴマリグナンを上手に摂取できるサプリメントがおすすめです。仮にゴマリグナンをごま油から摂取しようとすると、ごま油はカロリーを多く含むためカロリーの摂取量が上がってしまいます。しかしサプリメントなら、必要な成分だけを取り入れることが可能です。

ですが、ゴマリグナンをそのまま配合しているサプリメントはあまりなく、ゴマリグナンを抽出して凝縮した「セサミン」を使用しているサプリがほとんどです。セサミンはゴマリグナンの中でも抗酸化作用が最も高い成分なので、ゴマリグナンの代用としてセサミンサプリを摂取しても問題ありません。

セサミンが配合されたサプリメントは、ゴマを製造しているメーカーの製品を選ぶようにしましょう。同じ原料を使用しているメーカーであれば信頼度も高いと言えます。

脚注:参考資料

CONTENTS