セサミンサプリおすすめBEST3

若さを生み出す理由

セサミンが持つアンチエイジング効果(抗酸化力)とは、どのようなものなのでしょうか。

アンチエイジング作用がバツグン!?セサミンの効果・効能

セサミンの抗酸化力について理解する前に、まずは体を老化させてしまう活性酸素の毒性や発生する原因などについて知り、身体が活性酸素から受ける影響についても学んでおきましょう。

さらに、セサミンがなぜ活性酸素に対抗する力を持っているのか、その理由について解説していきたいと思います。

活性酸素は体を老化させるサビのようなもの

私たちは普段、呼吸によって酸素を取り入れて二酸化炭素を吐き出すことで、身体を維持していますね。

体内へ酸素を取り込むことは、身体を正常に保つために欠かせないことですが、体内へ入った酸素はストレスや紫外線など、ちょっとした刺激で電子が減ったり動いたりして、不安定な原子構造となり、活性酸素と呼ばれる毒性の高い状態に変化してしまうことがあります。

活性酸素には、スーパーオキシドや過酸化水素、ヒドロキシラシカルなど、いくつか種類がありますが、いずれも原子構造が不安定なので、体内の細胞から勝手に電子を奪い取って、安定させようとする性質があるそう。この現象を酸化と言いますが、このように活性酸素によって電子を奪われた細胞は、正常に機能できなくなってしまい、結果として機能低下や老化、病気などを引き起こしてしまいます。ガンや糖尿病、動脈硬化、老人性痴呆などの疾患や、シミ、しわといった美容上の問題まで、さまざまなトラブルの原因となってしまうのです。これは、鹿児島市立病院院長の「坪内博仁氏」、「鹿児島大学大学院医歯学総合研究科消化器疾患・生活習慣病学の「大重彰彦氏」、宮崎医療センター病院消化器内科・肝臓病センター長「宇都浩文氏」らが手がけた論文「肝と酸化ストレス」で詳しく述べられています。

活性酸素は、私たちの体の細胞を酸化させ、正常な機能や若々しさを奪ってしまう、サビのようなもの。この活性酸素によるサビつきを防ぐことが、アンチエイジングのカギとなってくるのです。

セサミンは活性酸素に対抗するサビ止め成分

ゴマから作られるゴマ油は、サラダ油やコーン油などの食用油に比べて、酸化しにくいということをご存知ですか?

日本の大手製油会社「日清オイリオ」が行った酸化安定性試験の結果において、もっとも酸化しにくかったのがゴマ油でした。酸化安定試験とは、油を加熱して一定量の空気を吹き込むことで、油の酸化で示す数値「過酸化物価」を計測するもの。数値が高いほど酸化しにくいと言えます。

日清オイリオでは、ゴマ油・べに花油・キャノーラ油・大豆サラダ油で酸化安定性試験を実施。そしてゴマ油100以上・べに花油32・キャノーラ油17・大豆サラダ油14という結果が出ました。

油は酸化すると重量が増える特徴がありますが、コーン油などは60℃で50日も保存すると10%ほど重量が増えてしまうのに対し、同じ条件下でもゴマ油はほとんど重量が増えません。ゴマ油以外の食用油は、開封すると同時にどんどん酸化して古くなってしまいますが、ゴマ油は比較的鮮度を保ったまま保存できると言われています。

ゴマ油がいつまでもフレッシュでいられるのは、ゴマに含まれているセサミンの効果によるもの。ゴマ1粒にたった1%未満しか含まれていない、希少な成分であるセサミンが、活性酸素を除去して、酸化による劣化を防いでくれる、大きな抗酸化パワーを持っているのです。

セサミンの高い抗酸化効果の秘密とは

人間の生体内では、活性酸素の多くが肝臓で発生すると言われています。そこで、肝臓に溜まっている多量の活性酸素を体外へと除去するために、最も有効な働きをする抗酸化物質がセサミンです。サントリー健康科学研究所の「木曽良信氏」のセサミンの抗酸化作用に関する論文で、肝臓保護作用・抗高血圧作用・アルコール代謝促進作用などの機能が報告されています。

セサミンは腸で吸収された後、肝臓の入り口である肝門脈を通り過ぎてから、抗酸化物質へと変化します。体内で最も活性酸素の量が多い肝臓に至ってから、その抗酸化力をいかんなく発揮してくれるわけです。

セサミンのほかにも、カテキンやポリフェノール、アントシアニンなど、抗酸化力に注目される成分はいくつかありますが、セサミンは肝臓で確実に作用してくれる成分として、ほかのものにはないパワーを秘めている物質であると言えますね。

セサミンとイソフラボンの関係性

セサミンはイソフラボンとは異なる成分ですが、どちらも食品から摂取でき、サプリメントから成分を補給することもできます。

ここでは、セサミンとイソフラボンの関係性について詳しく見ていきたいと思います。

セサミンとイソフラボンの共通点

セサミンとイソフラボンはどちらも植物由来の成分であり、女性機能への改善効果が期待できるといった共通点があります。

イソフラボンには植物性エストロゲンの一種であり、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少を補う働きをします。更年期障害の緩和や、女性ホルモンの乱れを改善するといった効果が期待できます。

イソフラボンの分子構造はエストロゲンによく似ているとされ、大豆製品など自然由来の食品に豊富に含まれているのが特徴です。

一方のセサミンは、ゴマに含まれるゴマリグナンという成分の一つであり、ゴマリグナンは肝機能の改善やエストロゲンに似た作用を持つ「ファイトエストロゲン」の一種です。

それぞれ異なる食品に含まれている成分ですが、エストロゲンに似た作用を持つという意味では、セサミンとイソフラボンには共通点があります。

どちらも食品から摂取できますが、サプリメントを使って摂取したり、両方を併用することも可能です。

セサミンとイソフラボンそれぞれの効果

セサミンとイソフラボンには女性機能の改善という共通点がありますが、セサミンには優れた抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、肝臓などで主に生成される「活性酸素」と呼ばれる物質が体に回り細胞を老化させるのを抑える作用のこと。活性酸素がうまく代謝されれば、美容や健康効果が得られます。

対するイソフラボンは、女性機能を改善する作用に特化している成分です。豆腐や納豆などの大豆食品を継続的に摂取することで、女性機能の改善に役立ちます。

植物性エストロゲンは体内で女性ホルモンに似た働きをするため、更年期や女性ホルモンの乱れからくる体調不良などに効果的ですが、セサミンだけでは補いきれません。

しかし大豆製品からイソフラボンを摂ることで、セサミンに足りない分を補給することができるのです。

セサミンとイソフラボンを併用すれば、体に不足した女性ホルモンを補いながら、抗酸化作用も期待することができるでしょう。

セサミンとイソフラボン、両方摂取しても大丈夫?

飲み合わせなどの禁忌は特にありませんが、どちらも女性ホルモンの分泌に関わる効果を持っているため、過剰摂取には注意が必要です。

セサミンとイソフラボンのサプリメントを併用する際、少しでも体調が優れなかったり、具合が悪くなるようであれば、どちらかのサプリメントに絞るか量を減らすなどして対応しましょう。

様子を見ながら摂取を続けてみて、体調に変動をきたす場合は摂取を中止するようにしてください。

それぞれを効果的に摂取する方法

イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。大豆製品には豆腐や醤油、味噌など日本人になじみ深い食材が多く、手軽に食事に取り入れることができます。

セサミンはゴマに多く含まれていますが、1粒あたりの含有量はごくわずかです。一日分のセサミンを摂取する場合、かなりの量のゴマを口にしなければならないため、サプリメントを使うのが効率的です。

イソフラボンは食事から手軽に摂取できますが、サプリメントと食事を併用すると過剰摂取になる場合があります。

食事から充分にイソフラボンが摂れる場合はサプリメントの摂取は控え、食事が偏りがちな時にイソフラボンを摂るようにするとバランスが良くなります。

特集
人気の
セサミンサプリ徹底比較

数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品のセサミン量・カロリー・価格を調査してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

CONTENTS
コンテンツ一覧

TOP