セサミンサプリの効果・効能講座 HOME » 老化防止&若返り成分セサミンとは

老化防止&若返り成分セサミンとは

強い抗酸化力を持つ成分、セサミンを解説。若さを生みだす理由や、一緒に摂るとよい成分などを紹介します。

セサミンとは?その効果・効能を調査しました

ゴマやゴマ油は、古代エジプトや古代ギリシャ、インドなどで、祭式儀礼や食用、灯り用として珍重されてきた健康食材。

最近では、成分の内容について研究が進んだ結果、ゴマには多くの健康効果が期待できることが分かってきました。具体的に例を挙げると、肝機能の向上や中性脂肪を減少させる効果や、美肌やストレス緩和にも効果があるとされています。さらに、身体の酸化防止やアンチエイジング効果が高いことも分かっているそうです。

ゴマが持つ健康効果の秘密は、ゴマに1%ほど含まれているゴマリグナン類という成分の中の、セサミンにあると言われています。

セサミンという名称は、サプリメントのCMなどでよく耳にするものですが、実際はどのような働きを持つのか、詳細をご存知の方は少ないかもしれません。そこで、セサミンの健康パワーについて詳しく解説してみたいと思います。

セサミンが若返り成分と言われる理由や、どのような食材に含まれているのか、またセサミンと一緒に摂取したらよい成分などについても、ご紹介します。

ゴマ由来成分「ゴマリグナン」とは

ゴマリグナンの特徴

ゴマリグナンは、植物の種子や茎、根に含まれているリグナンという成分のひとつです。ゴマに含まれていて、高い抗酸化作用を持っています。抗酸化作用により体のホルモンバランスを整えてくれるのです。

リグナンの特徴

ゴマリグナンが含まれているリグナン類は、抗酸化作用や抗炎症作用を持つ成分の一種です。植物に含まれるリグナンを植物性リグナンと呼びますが、体内に入ると腸内細菌の働きによってヒトリグナンという成分に変わります。ヒトリグナンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た構造を持つ物質です。ヒトリグナンが体内のエストロゲン受容体と結びつくことで、女性特有のお悩みに効果があります。ゴマだけでなく、ブロッコリー・キャベツなどの野菜やアンズ・イチゴといった果物、アマ・ひまわりなどの種子にも含まれている成分です。

ゴマリグナンの効果

ゴマリグナンには、女性に役立つさまざまな効果があります。

更年期に嬉しい働き

更年期には、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少します。ゴマリグナンにはエストロゲンと同様の働きを持っているので、摂取すると更年期のお悩み予防・改善を後押しする効果があります。

ダイエット効果

ゴマリグナンに含まれるPPARという受容体が脂肪酸を分解する酵素を活性化して脂質代謝を促進し、ダイエット効果をもたらします。他に、動脈硬化の予防やアルコールの分解促進効果なども。

ビタミンEとの相乗効果

ゴマリグナンとビタミンEを同時に摂取することで、相乗効果を得られるという研究発表もあります。更年期障害やダイエットが上手くいかないとお悩みの方は、ゴマリグナンを摂取してみてはいかがでしょうか。

セサミンはゴマリグナンの一種

ゴマリグナンと同様にセサミンにも抗酸化作用などの働きがあります。なぜなら、ゴマリグナンの中にセサミンが含まれているためです。セサミン単体でも多くの効果・作用を持っているので、以下で詳しく見ていきましょう。

不妊対策にも役立つ

ゴマにごくわずかしか含まれていない希少な成分「セサミン」。高い抗酸化作用を持ちながら、植物性エストロゲンの一種として女性の体の健康維持にも役立つ成分です。

セサミンといえばアンチエイジング(老化防止)作用が有名ですが、他にも女性機能の改善、不妊対策などにも効果が期待できます。

植物エストロゲンの力で女性ホルモンの機能を改善

セサミンはゴマに含まれる「ゴマリグナン」という成分の一種です。

このゴマリグナンこそが、女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンの一種として知られています。

植物性エストロゲンに似た働きを持つ成分といえば「イソフラボン」が知られていますが、このイソフラボンに似た働きをしてくれるものがセサミンです。

セサミンは体内で発生する活性酸素を取り除く効果だけでなく、更年期などで女性ホルモンが不足した体にエストロゲン作用をもたらすため、体調不良の緩和や不妊症対策などにも役立てることができます。

ゴマリグナンに含まれる植物性エストロゲンは、卵巣から分泌されているエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た働きをします。ホルモンの分泌異常などによる「黄体機能不全」からくる不妊症や、排卵の誘発などといった部分を補うかたちとなります。

ただし、セサミンを摂取したからといってすぐに黄体機能不全や不妊が改善するというわけではありません。

セサミンは薬ではなく成分の一つであり、サプリメントから得られる植物性エストロゲンは自身の体のエストロゲンとまったく同じものではないことに注意が必要です。

セサミンのサプリメントを摂取する場合は、医師に相談のうえ服薬中の薬との飲み合わせや体への作用などを確認し、安全性を確かめましょう。安全が確認できたら、健康成分の一つとして継続的に飲み続けるようにします。

不妊症といってもストレスや環境、男性側の不妊などさまざまな原因が考えられます。セサミンを摂取してすぐに効果が出るものではなく、まずは不妊症の原因を調べ、正しく対処することが大切です。

セサミンサプリメントで女性ホルモンを補う

セサミンは不妊症のように、女性ホルモンが慢性的に不足している状態で、サプリメントから摂取するのが理想的です。

ゴマに含まれる成分なので、食品から口にすることもできますが、ゴマ一粒あたりの含有量はわずか1%とごくわずか。そのため、成人の一日分のセサミンを摂るには約3,000粒もの量を口にしなければなりません。

約3,000粒という数字はほとんど現実的ではなく、毎日摂取し続けるのは困難です。そこで、セサミンをたっぷりと配合したサプリメントがおすすめです。

セサミンにはアンチエイジングや体内の活性酸素の除去に効果的な抗酸化物質が豊富ですが、女性ホルモンに似た働きも期待できるので、イソフラボンと併用することも可能です。

サプリメントは薬ではありませんが、体に足りない成分や栄養素を補うのには最適です。セサミンの場合、食品から十分に摂取しきれないという特徴があるため、一日分の必要量を配合したサプリメントを使って補うと良いでしょう。

不妊症の対策に最適な成分

セサミンはゴマに含まれる自然由来の成分です。そのため、不妊治療で薬を服用していたり、食事に気を遣っている方でも気軽に取り入れることができます。

同じ植物性エストロゲンの一種であるイソフラボンとの相性も良いとされているため、「ゴマ豆腐」「おぼろ豆腐+ゴマ油」など、食品で二つの成分を取り入れることもできますし、それぞれの成分をサプリメントで摂取することもできます。

病院で行われる不妊治療は個人差が出やすい治療方法とされ、不妊治療にかかる期間や効果も人それぞれです。しかし妊娠に必要とされる女性ホルモンが不足した状態のままでは不妊症を改善するのは難しく、少しでも正常な女性機能に体を近づけていく必要があります。

そのような場合について、セサミンはイソフラボンと同じく植物由来の成分として、体の内側から足りないエストロゲンを補ってくれます。

誰でも安心して口にすることができる成分で、ゴマ(食品)とサプリメントのそれぞれから同時に摂取することも可能。長期的にも続けられる健康成分です。

ただしサプリメントについては、過剰摂取によって副作用のリスクが考えられます。過剰摂取は胃腸などの消化器官に負担をかける可能性が高く、体調不良や消化器に関するトラブルなどのリスクがあります。

また、服薬中の不妊症の薬との併用で副作用が出る可能性もありますので、サプリメントを飲む前には必ず医師と相談を。イソフラボンと併用する際にも、同じく医師に許可を得たうえで摂取しましょう。

セサミンサプリメントは不妊症の対策方法の一つではありますが、セサミンそのものを薬として使用することはできません。不妊症に悩んでいる方はまず専門の病院を受診し、不妊治療を優先するようにしてください。

セサミンをサプリメントで補う際には、「体に不足した成分を補うもの」という位置付けで摂取することをおすすめします。

セサミンってどんなもの?

セサミンには、体内の活性酸素を除去してくれる「抗酸化作用」や肝臓の働きを活性化させる作用などがあり、アルコールの分解を促すなど、健康に役立つさまざまな効果が期待できる成分です。 ゴマが健康に良いとされるのは、ゴマの中に含まれているセサミンの働きによるものです。正式には「ゴマリグナン」と呼ばれる抗酸化物質のことで、セサミンはゴマリグナンの中の成分の一つです。

セサミンってどんなもの?についてこちら

セサミンの価格相場

セサミンの価格相場はサプリメントごとに異なりますが、平均的なところでは1mg当たり10円から11円程度となります。中には12円以上のものもありますが、おおよその価格相場は1mgにつき10円~12円程度となっているようです。

セサミンの価格相場についてこちら

若さを生み出す理由

セサミンが若さを生み出す理由としては、高い抗酸化作用にあります。ポリフェノールなどと同じく、人間の体内に発生する活性酸素を除去するために有効な働きをしてくれるものが、抗酸化力を持つセサミンの力です。

セサミンは体内に入ってから一度腸で吸収され、その後抗酸化物質に変化します。

肝臓は体内の中でももっとも活性酸素を多く作り出す器官なので、そこで活性酸素を除去する力を発揮してくれるセサミンは、まさにアンチエイジングの心強い味方と言えるでしょう。

若さを生み出す理由についてこちら

セサミンを飲むタイミング

セサミンを飲むタイミングについては、特に決まりはありません。セサミンを含むサプリメントは薬ではなく健康食品であり、食品としての位置づけとなりますので、飲みたいタイミングで口にしても問題はありません。

ただし薬とは違い、続けることがもっとも大切なポイントとなります。飲むタイミングは自由でも、飲み忘れのないように一日の中でタイミングを見つけておくことが重要です。

セサミンを飲むタイミングについてこちら

セサミンは太る?

セサミンは通常ゴマに含まれる成分ですが、一日分の必要量をゴマから摂取しようとすると、約3,000粒も必要になると言われています。

3,000粒はあまり現実的な量とは言えず、ゴマの中に含まれるカロリーも同時に摂取することになるため、ゴマからセサミンを摂ろうとすると太る原因になる可能性があります。

その点、サプリメントはセサミン成分のみを抽出しているので、カロリーの摂り過ぎにならず太る心配もありません。

セサミンは太る?についてこちら

食事で補うことはできる?

セサミンを食事から摂取するには、一日あたり約3,000粒ものゴマを口にしなければなりません。膨大な量のゴマを毎日食べ続けるのは現実的ではなく、食事から補うには限界があります。

ゴマそのものは硬い皮が覆っており、セサミン成分が体に吸収されにくいという特徴もあるため、食事からセサミンを十分に補うというのは難しいかもしれません。

食事で補うことはできる?についてこちら

セサミンは20代にもおすすめ?

セサミンは肝機能の維持や改善に役立つと言われる成分です。人間の体は20代から30代へと徐々に老いていき、その中で肝機能も徐々に弱っていきます。

生活習慣の乱れなどによって肝機能が弱まると、栄養の吸収効率が悪くなってしまうため、疲れやすさにもつながります。

セサミンは弱ってしまった肝機能を高める機能があるため、20代の若い人にもおすすめの成分です。特に「疲れやすい」と感じている人にはおすすめです。

最近ではセサミンががんを予防する効果についても取り上げられており、20代の若いうちからセサミンを摂取することで、活性酸素の働きを予防して体内を健康に保つことができます。

セサミンは20代にもおすすめ?についてこちら

女性にうれしい効果

セサミンは植物性エストロゲンの一種で、体内に入ると女性ホルモンに似た働きをします。

女性は年齢に応じて徐々に閉経へと向かい、その過程で更年期障害が現れますが、このようなホルモンバランスの乱れによる体調不良についても、植物性エストロゲンを補うことによっていくらか緩和する効果が期待できます。

若いうちからホルモンバランスの乱れによって体調不良を実感している方は、症状を和らげる一つの方法としてセサミンを摂取し、植物性エストロゲンを体内に補ってあげると良いかもしれません。

また、セサミンには肌や髪の老化に関わっている活性酸素を除去する働きもあります。肝機能だけでなく、肌や髪など外見に関わるところのコンディションを整える効果も期待できます。

女性にうれしい効果についてこちら

男性にうれしい効果

セサミンはメタボリック・シンドロームを引き起こす悪玉コレステロールの増殖を防ぐ効果があります。

中高年期の男性に多いと言われているメタボリック・シンドロームを防ぐためには、セサミンを継続的に摂取することがポイントであり、男性の健康にとって良い影響を与えてくれます。

さらにセサミンには、二日酔いの原因である「アセトアルデヒド」の分解を促進する効果もあります。お酒を飲んだ時、二日酔いがひどい場合は酒量を調整するとともに、セサミンを摂取することで、酔いすぎを予防できる可能性があります。

男性にうれしい効果についてこちら

ゴマペプチド

ゴマペプチドとは、良質なゴマからタンパク質を抽出すると得られるタンパク分解物のことです。セサミンと同じく血圧を下げる効果があります。

両者の大きな違いは、血圧の改善にいたるまでのプロセス。ゴマペプチドは血管収縮物質を生成する酵素の働きを阻害して、血圧低下に導きます。一方、セサミンは体内の細胞を傷つける活性酸素の生成を抑えて高血圧を改善するのです。

製品開発が充実しているゴマペプチドは、サプリメントや飲み物で簡単に摂取できるでしょう。ただ、それらにはゴマペプチド以外の成分も含まれているので、補助的な役割と捉えるのが大切です。

ゴマペプチドについてこちら

ゴマリグナン

ゴマリグナンとは、ゴマに含まれているリグナンのこと。抗酸化作用やダイエット効果を持ち、ホルモンバランスを整えてくれます。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た構造をしており、女性に役立つ効果を持った成分です。ゴマリグナンの効果は更年期障害の予防・改善をはじめ、抗がん作用や不妊症予防などがあると言われています。

セサミン・セサモリン・セサミノール・エピセサミンが含まれているゴマリグナンは、種子や野菜、果物や飲料類から摂取できるのが特徴です。すべての成分に抗酸化作用がありますが、セサミンは肝機能を活発化し、セサモールは油の劣化を防止、セサミノールは動脈硬化の抑制を助けます。セサモリンは、セサモールが熱によって分解される前の物質です。

ゴマリグナンについてこちら

CONTENTS