特集 人気のセサミンサプリ徹底比較 数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品をセサミン量・カロリー・価格で比較してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

ランキングはこちら

更年期障害の改善

セサミンに代表される、ゴマリグナン類という成分は、肝機能の向上や抗酸化作用のほかに、更年期障害の改善にも効果があると言われています。セサミンが持つ、更年期のお悩みへの効果について解説しましょう。

ゴマリグナンは女性ホルモンのように働く

セサミンやセサモールなどが含まれる、ゴマリグナン類という成分は、別名“植物性エストロゲン”と呼ばれています。この名称には、「女性ホルモン・エストロゲンと同じような働きを持つ、植物性の成分」といった意味合いがあります。

エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで、卵胞ホルモンとも言われるもの。女性らしい体を作ったり、妊娠に適した子宮環境を作り、排卵を促す働きをするホルモンです。20代から30代の性成熟期にはたくさん分泌されて、妊娠や出産へと導くホルモンですが、40代後半からは生殖機能の衰えに伴って分泌量が減っていくそうで、このことが更年期障害の直接的な原因となっています。

エストロゲンは、生殖に関する機能以外にも、自立神経のバランスを保ったり血流を促進したりといった、生体維持の機能も担っています。エストロゲンの分泌量が減ると、呼吸や発汗、血流などの、基本的な生体機能すらも上手く働かなくなり、更年期障害の症状が現れてしまうわけです。更年期障害の治療に、ホルモンを投与する方法が取られることが多いのは、エストロゲンなどのホルモンを補ってあげることで、更年期特有の症状を和らげる効果があるとされているからです。

そこで、ゴマリグナン類の持つ、エストロゲンと同様の働きに注目しましょう。

ゴマリグナン類と並んで植物性エストロゲンと呼ばれる成分に、大豆イソフラボンがあります。大豆イソフラボンは、更年期障害や月経不順など、女性特有の悩みを改善する効果が高いとされて有名ですが、ゴマリグナンにも同様の効果があるそう。エストロゲンと同じ働きをする成分を補ってあげることで、ホルモンのバランスが整い、生殖器やその他の機能が正常に働くように、促すことができるというわけです。

血流促進や自律神経のバランスを整える効果も

ゴマリグナン類には、自律神経の働きを活性化させたり、血流を促進したりする効果があるとされています。ゴマリグナンを摂取することで、自律神経が正常に働くようになり、交感神経と副交感神経のバランスが上手く整えられれば、更年期障害の主症状と言われる、ほてりやのぼせ、冷えやむくみ、頭痛や倦怠感などを緩和する効果が期待できます。

さらに、セサミンにはカルシウムが含まれているので、更年期に危惧される、カルシウム不足による骨粗しょう症にも効果的。セサミンに代表されるゴマリグナン類を積極的に摂取することで、複合的に、更年期障害の辛い症状に対処することができるのです。

CONTENTS