セサミンサプリおすすめBEST3

更年期のお悩み

セサミンに代表される、ゴマリグナン類という成分は、肝機能の向上や抗酸化作用のほかに、女性に嬉しい更年期のお悩み改善にも効果があると言われています。セサミンが持つ、更年期のお悩みへの効果について解説しましょう。

ゴマリグナンは女性ホルモンのように働く

セサミンやセサモールなどが含まれる、ゴマリグナン類という成分は、別名“植物性エストロゲン”と呼ばれています。この名称には、「女性ホルモン・エストロゲンと同じような働きを持つ、植物性の成分」といった意味合いがあります。

エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで、卵胞ホルモンとも言われるもの。女性らしい体を作ったり、妊娠に適した子宮環境を作り、排卵を促す働きをするホルモンです。20代から30代の性成熟期にはたくさん分泌されて、妊娠や出産へと導くホルモンですが、40代後半からは生殖機能の衰えに伴って分泌量が減っていくそうで、このことが更年期特有のお悩みの直接的な原因となっています。

エストロゲンは、生殖に関する機能以外にも、自立神経のバランスを保ったり血流を促進したりといった、生体維持の機能も担っています。エストロゲンの分泌量が減ると、呼吸や発汗、血流などの、基本的な生体機能すらも上手く働かなくなり、更年期特有の症状が現れてしまうわけです。更年期障害の治療に、ホルモンを投与する方法が取られることが多いのは、エストロゲンなどのホルモンを補ってあげることで、更年期特有の症状を和らげる効果があるとされているからです。

そこで、ゴマリグナン類の持つ、エストロゲンと同様の働きに注目しましょう。

ゴマリグナン類と並んで植物性エストロゲンと呼ばれる成分に、大豆イソフラボンがあります。大豆イソフラボンは、女性特有の悩みを改善する効果が高いとされて有名ですが、ゴマリグナンにも同様の効果があるそう。エストロゲンと同じ働きをする成分を補ってあげることで、ホルモンのバランスが整い、生殖器やその他の機能が正常に働くように、促すことができるというわけです。

血流促進や自律神経のバランスを整える効果も

ゴマに含まれるゴマリグナン類には、自律神経の働きを活性化させる効果があるといわれています。自律神経の乱れが酷くなるとうつ状態や疲労状態が続きやすくなり、日常生活に大きく影響が出てしまうので早めの改善が必要です。セサミンやセサモリンなどのゴマリグナンを摂取することで、交感神経と副交感神経のバランスをうまく整えられ自律神経が正常に働くように。そのため、更年期に起こるほてりやのぼせ、頭痛などさまざまな症状を緩和する効果が期待できます。

また、血流促進効果もあると言われているので、血流が悪くなることで起こる手足の冷えやむくみを改善できる可能性も。冷えやむくみに悩んでいる方は試してみるのもひとつの手です。

このように、セサミンに代表されるゴマリグナン類を積極的に摂取することで、更年期特有の辛い症状に幅広く対処することができます。

セサミンの更年期のお悩み改善効果について知りたい!

ここでは、セサミンの自律神経活動を改善する効果を証明した論文を紹介しています。セサミンを摂ることで更年期障害にどのような効果をもたらすのか、わかりやすくまとめました。

セサミンを摂取することで自律神経の活動を向上させる

44~59歳の女性14名を2グループに分け、セサミンの自律神経活動への効果を調べました。実験ではセサミン+ビタミンEの混合カプセルおよび何も入っていないプラセボの摂取を4週間実施しています。

結果としてセサミン+ビタミンEを摂取したグループでは、自律神経活動の向上、交感神経・副交感神経活動の向上が認められました。特に副交感神経活動が向上しており、更年期特有の症状がプラセボグループに比べてかなり改善されています。

参照元:日本ビタミン学会論文[PDF](https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/83/8/83_KJ00005653307/_pdf/-char/ja

更年期障害の症状と影響

更年期障害とは、月経が乱れ始めたころに現れるさまざまな症状のことです。

自立神経が乱れて発生するのぼせや発汗は「ホット・フラッシュ」と呼ばれており、エストロゲンの減少が原因と言われています。主な症状は顔や胸部周辺の急な発熱と発汗。症状が重い場合は、動悸やめまい、脈拍が乱れることもあります。頻度は人それぞれで、1日に何度も発生する人や数日に1度という人も。

ホット・フラッシュ以外の更年期障害の症状は以下の通りです。

  • 手足が冷える
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 倦怠感
  • 頻尿
  • 性交痛
  • イライラ
  • 不安
  • うつ状態

頻尿と性交痛は人に伝えにくいものですが、多くの人が悩んでいるとされています。

イライラしたり不安になったりする精神症状も更年期障害の特徴。更年期に多いうつ病は環境やストレスにより精神的な負担が絡んだことが原因で起こる更年期障害の1つです。

更年期を迎えた方全てが、更年期障害に悩まされるわけではありません。ほとんど症状を感じなかったという人もいれば、日常生活が難しいほど調子が悪くなる人も。これらの違いは、環境や心の負担などの差が理由と考えられています。

更年期を過ぎて老年期を迎えると、骨粗しょう症やコレステロール値に異常が起こる脂質異常症など、新たな病気のリスクが発生。これらの病気を防ぐためには、更年期の生活の送り方が重要となります。

セサミンの健康効果をチェック!

特集
人気の
セサミンサプリ徹底比較

数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品のセサミン量・カロリー・価格を調査してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

CONTENTS
コンテンツ一覧

TOP