二日酔いの予防

セサミンは主に肝臓で働く抗酸化物質。肝臓の機能をサポートする作用がありますね。そんなことから、セサミンには二日酔いを予防したり緩和したりする効果があるとされ、アルコール摂取のお供に、セサミンが効果的だとも言われています。

ここでは、その効果について詳しく解説してみたいと思います。

ゴマ料理を食べながら飲むと悪酔いしない!?

昔から、酒のつまみとしてゴマ料理を食べると、悪酔いしないと言われています。それは、ゴマに含まれるセサミンが、肝臓の機能をアップさせる作用を持っているから。

肝臓は、体内に入ったアルコールを集めて、毒素を分解する働きがあるので、二日酔いが出るか出ないかの違いは、肝臓の機能の差にあると言えます。肝機能が高い人は、アルコールをキチンと代謝できているので、二日酔い知らずでいられるのですが、肝機能が弱っている人は、次の日までお酒が残ってしまうわけです。昔の人は、自然の知恵でそれを知っていたんですね。

お酒を飲む前後にゴマを使った料理を食べると、ゴマに含まれるセサミンが肝臓で抗酸化パワーを存分に発揮し、肝臓の機能がアップ。大量のアルコールも効率よく分解し、代謝することができるのです。

セサミンはアルコールの分解を促進する効果アリ

セサミンには、肝機能を高める効果があると同時に、アルコールの分解をサポートする作用もあることが研究によって分かっています。

アルコールは体内で分解されると、アセトアルデヒドという物質に変化するそうですが、そのアセトアルデヒドには強い毒性があって、酵素によって分解が行われずに体内に残ってしまうと、二日酔いの原因となってしまうのだとか。アセトアルデヒドを分解できる酵素はいくつか種類がありますが、そのうちの一種についてはセサミンを摂取することによって、量を増やすことができると確認されたのです。

アルコールをたくさん飲む可能性があるときに、セサミンを積極的に摂取しておけば、飲み過ぎたアルコールも上手く分解することができ、体内にアセトアルデヒドを残さず、二日酔いにもなりにくい、というわけですね。

セサミンのアルコール分解に関する論文まとめ

セサミンには、悪酔いを防いだりアルコールの分解を促進したりする効果があるといわれています。ここでは、その効果を科学的に証明した論文をまとめました。セサミンを摂ることによって体内で何が起こっているのか、効果をより知るためにチェックしておきましょう。

セサミン摂取によるアルコール分解・代謝促進

普通食を与えたラットとセサミンを多く含むエサを与えたラットを16週間飼育し、アルコール分解速度の実験を行いました。

飼育後に20%エタノールを飲ませ、血中アルコール濃度を測定したところ、セサミン配合エサを与えたラットは3時間で血中アルコール濃度が半分以下に。普通食を与えたラットと比べてアルコール分解速度が2倍以上となることが分かりました。このことから、セサミンを摂取するとアルコールの分解・代謝が早まることが明らかになっています。

参照元:秋元ほか「ゴマの微量成分とアルコール代謝」日本醸造協会誌(PDFがダウンロードされます)

アルコール摂取で起こる肝機能障害を抑制

アルコールを含むエサを与えたラットを8週間飼育し、肝機能障害の実験を実施しました。血漿中の酵素GOTとGPTは肝臓に障害を受けている状態を表すため、肝機能障害の目安として血漿(けっしょう)中のGOT・GPT量を使用しています。

エサはアルコールだけを含むもの、セサミンを含むもの、セサミンの代謝物であるセサミノールを含むものをそれぞれ作り、グループごとに与えました。

結果として、セサミン配合のエサを食べさせたラットのみ、他のラットに比べて血漿(けっしょう)中の酵素であるGOTとGPTが抑制されることが分かっています。

参照元:加賀谷ほか「アルコール性脂肪肝に及ぼすゴマリグナン物質の予防効果」日本家政学会誌(PDFがダウンロードされます)

セサミンの摂取で血中エタノール濃度の消失率が高くなる

普通のマウスとセサミンを7日間および14日間摂取させたマウスにアルコールを与え、アルコール代謝速度の実験を行いました。

結果、セサミンを14日間摂取させたマウスは血中エタノール消失率が91.9%と高い値になっています。また、アセトアルデヒドの半減期も普通のマウスに比べて短縮。このことから、セサミンを摂取することでエタノール代謝・アセトアルデヒド代謝が向上することが証明されました。

参照元:楊ほか「エタノールの筋弛緩作用に及ぼすセサミンの影響」日本栄養・食糧学会誌(PDFがダウンロードされます)

セサミンの健康効果をチェック!

CONTENTS