セサミンサプリおすすめBEST3

コレステロール値の低下

健康診断で、血液中の悪玉コレステロール値(LDL-コレステロール)が高いと診断された方は、要チェック!セサミンが持つ、コレステロール値を下げる効果について、詳しく解説してみたいと思います。

肝機能の低下を防いで悪玉コレステロールを増やさない!

コレステロールと聞くと、メタボの原因となってしまう悪者のイメージが大きいですが、本来はホルモンや体の細胞膜などを構成するもので、体にとって、なくてはならない成分でもあります。新しい細胞を作り出したり、ホルモンを正常に分泌させるために、体の中ではコレステロールを常に作り出しているわけです。

このコレステロール生成の役割を担っているのは、肝臓なのですが、アルコールの過剰摂取や脂肪分の摂りすぎなどで、肝機能が低下していると、コレステロールの生成も上手く行われなくなってしまうのだとか。弱っている肝臓は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)ばかりを作り出してしまい、血液中にLDLコレステロールが増えてしまう結果に。これが、動脈硬化や生活習慣病の原因となるのです。

そこでぜひ取り入れてもらいたいのが、セサミンの肝機能を向上させるパワー。セサミンは、肝臓で集中的に働く抗酸化作用を持ち、肝細胞の酸化を防止して機能をアップさせる効果があります[注1]。肝機能が正常に働くようになれば、悪玉コレステロールではなく、善玉コレステロールを多く生成できるようになり、血中の悪玉コレステロール値が下がるというわけです。

セサミンの抗酸化力で血中コレステロールの酸化を防ぐ

血液中の悪玉コレステロールが増えることで起こる、最大の弊害は、コレステロールが酸化して血管内にこびりつき、動脈硬化などの病気を引き起こす原因となってしまうことにあります。

悪玉コレステロールは、体内の活性酸素と結びつきやすく、酸化してドロドロになりやすい脂質。血液中に悪玉コレステロールが多いと、同じく血液中に流れている活性酸素とすぐにくっついて、血管の詰まりを起こしてしまうのです。

そんなときは、抗酸化パワーの強いセサミンを摂取することで、肝臓で脂肪酸退社を活性化[注2]して、血液中に放出しないように食い止めましょう。

セサミンには、血中の悪玉コレステロールを減らす効果があるとともに、血管内で活性酸素と結びついて、悪さを行うことを防止する効果も期待できるのです。

コレステロール値を正常にするためにセサミンを摂取してみました

セサミンがどれだけコレステロール値に効果を発揮するか調べるため、実際にセサミンを摂取することにしました。とはいえ、管理人である自分はそんなにコレステロール値に異常は出ておらず。そこで数年前から腹まわりがだらしなくなり、会社の健康診断で総コレステロールで異常値をたたき出した夫にセサミンを飲んでみてもらうことにしました。

これはあくまで個人の感想・結果であり、特定の商品の効果を認めるものではありません。セサミンの効果に関しては、研究論文などの事例を参考にしてくださいね。

セサミンを飲む前

セサミンを飲む前のコレステロール値年末に受けた健康診断で数値が悪く、1月からセサミンを飲みつつ再検査してもらうことに。画像は1月に再検査したときの検査レポートなのですが、総コレステロールの項目を見てもらうと150~219の正常値に対して242と大幅にオーバーする異常値をたたき出しています。

夫は毎晩遅くまでお酒を飲んでいて、30代後半に突入してから下腹が出てきていました。これまでも多少気にしてはいたようですが、今回の健康診断で相当な危機感をおぼえたようだったのでセサミンを薦めたところまずは3ヶ月飲んでみることに。健康診断で指摘された生活習慣の改善もしながら、いざセサミン生活スタートです。

セサミン摂取期間に意識していたこと

セサミン摂取で効果が出る!と思いながらも、そもそも生活習慣を変えていかなければ結果に結びつきません。健康診断で指摘された生活習慣の改善にも取り組んでいました。

まずは休肝日を作ること。これまでは毎晩お酒を飲んでいて、肝臓も休まる日がなかったのではと思います。週1~2日を休肝日にして、お酒の頻度を下げるようにしていました(飲む量はあまり変化がなかったようですが…)。あとは飲むものもビールからカロリーの少ないハイボールを中心に飲むようにしているようでした。

お酒に加えて、油ものも減らすように。ランチはこれまでと変わりないようですが、晩酌時はチーズや唐揚げをやめて枝豆や豆腐など調理していない生ものをメインにしていました。その結果、枝豆にこだわり出して通販で高い枝豆を買っているようでした…。

次に、早起き習慣を身につけることも意識していたようです。深夜3時ぐらいまで晩酌して、始業ギリギリに出社みたいなサイクルでしたが、遅くとも1時には就寝して始業1時間前には会社に到着できるよう早起きしているのが印象的でした。仕事の効率も上がったと言っていましたし、早起きは三文の徳ですね。

セサミン摂取は次の検査を受ける3ヶ月半後まで継続。週末など飲み会で飲み忘れることもあったようですが、基本的にはしっかり続けていたようです。

セサミン摂取後の数値に変化が!

セサミンを摂取後のコレステロール値4月半ばにまた検査を受けてきた結果を見せてもらいました。なんと242あった総コレステロール値が187まで低下。基準値でも低めの方まで下がっています。これには本人もビックリしているようでした。

その他の項目でいうと、悪玉コレステロールも少し下がっていましたが、特筆すべきは中性脂肪。基準値をかなり大幅に上回る340mg/dLあったのが137mg/dLと半減しています。日ごろの生活を見直したのもあいまって、結果が出てきたことに本人もかなり喜んでいるようでした。

確かに年末に比べて、腹部のぽっこりもだいぶ収まっています。体重は変わっていないみたいですが、体は軽くなったとのこと。お腹が出ていると靴下を履くのも一苦労だったらしいのですが、割とスムーズに履けているんだとか。

また、早起きの習慣もあいまって寝起きが良くなっているようです。これまで始業ギリギリの出社になっていたのも朝の体の重さが原因だったようですが、最近では2時間ぐらい前には出社。仕事でも結果が出てきているようです。

セサミン摂取を続け、生活習慣の改善に取り組んだ結果いろんな効果が見えてきました。コレステロール値には特に良い影響が出ていて、夫も続けてみようかなと言っています。セサミンの摂取方法もさまざまですし、他にも副次的な効果が見られる可能性があるので、ぜひ皆さんも検討してみてくださいね。

セサミンの健康効果をチェック!

コレステロール値上昇にご注意を

コレステロールは体に欠かせない重要な脂質分の1つですが、多ければ良いというわけではありません。悪玉コレステロールが過剰に増えてしまうと血管内に蓄積し、血管が狭まって血液の流れが悪くなってしまいます。それにより動脈硬化や狭心症、脳梗塞などのリスクが高まってしまうのです。

下記の条件に当てはまる人は病気になるリスクが高いため要注意。当てはまるものがないか確認しましょう。

  • 脂質異常症の方
  • 糖尿病(予備軍を含む)の方
  • 第一度近親者に早発性冠動脈疾患の方がいる
  • 血圧が高い方
  • 煙草を吸う方
  • 高齢者、または男性の方
  • 慢性肝臓病か非心原性脳梗塞の方
  • 末梢動脈疾患の方

この中でも特に脂質異常症の方は注意が必要です。脂質異常症は血中の悪玉コレステロールが多いか、善玉コレステロールが少なくなっておりバランスが崩れている状態。「高LDLコレステロール血症」「低HDLコレステロール血症」と呼ばれており、血中の脂質が異常な状態のため冠動脈疾患の発症率が高くなります。

日本人の疫学データによると、悪玉コレステロール値が低いほど心筋梗塞や狭心症の発症リスクは低いことが分かっています。常日頃からコレステロール値を把握して、通常値よりも高いのであれば下げるための取り組みを行いましょう。

脚注:参考資料

特集
人気の
セサミンサプリ徹底比較

数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品のセサミン量・カロリー・価格を調査してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

CONTENTS
コンテンツ一覧

TOP