コレステロール値の低下

健康診断で、血液中の悪玉コレステロール値(LDL-コレステロール)が高いと診断された方は、要チェック!セサミンが持つ、コレステロール値を下げる効果について、詳しく解説してみたいと思います。

肝機能の低下を防いで悪玉コレステロールを増やさない!

コレステロールと聞くと、メタボの原因となってしまう悪者のイメージが大きいですが、本来はホルモンや体の細胞膜などを構成するもので、体にとって、なくてはならない成分でもあります。新しい細胞を作り出したり、ホルモンを正常に分泌させるために、体の中ではコレステロールを常に作り出しているわけです。

このコレステロール生成の役割を担っているのは、肝臓なのですが、アルコールの過剰摂取や脂肪分の摂りすぎなどで、肝機能が低下していると、コレステロールの生成も上手く行われなくなってしまうのだとか。弱っている肝臓は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)ばかりを作り出してしまい、血液中にLDLコレステロールが増えてしまう結果に。これが、動脈硬化や生活習慣病の原因となるのです。

そこでぜひ取り入れてもらいたいのが、セサミンの肝機能を向上させるパワー。セサミンは、肝臓で集中的に働く抗酸化作用を持ち、肝細胞の酸化を防止して機能をアップさせる効果があります[注1]。肝機能が正常に働くようになれば、悪玉コレステロールではなく、善玉コレステロールを多く生成できるようになり、血中の悪玉コレステロール値が下がるというわけです。

セサミンの抗酸化力で血中コレステロールの酸化を防ぐ

血液中の悪玉コレステロールが増えることで起こる、最大の弊害は、コレステロールが酸化して血管内にこびりつき、動脈硬化などの病気を引き起こす原因となってしまうことにあります。

悪玉コレステロールは、体内の活性酸素と結びつきやすく、酸化してドロドロになりやすい脂質。血液中に悪玉コレステロールが多いと、同じく血液中に流れている活性酸素とすぐにくっついて、血管の詰まりを起こしてしまうのです。

そんなときは、抗酸化パワーの強いセサミンを摂取することで、肝臓で脂肪酸退社を活性化[注2]して、血液中に放出しないように食い止めましょう。

セサミンには、血中の悪玉コレステロールを減らす効果があるとともに、血管内で活性酸素と結びついて、悪さを行うことを防止する効果も期待できるのです。

セサミンの健康効果をチェック!

コレステロール値上昇にご注意を

コレステロールは体に欠かせない重要な脂質分の1つですが、多ければ良いというわけではありません。悪玉コレステロールが過剰に増えてしまうと血管内に蓄積し、血管が狭まって血液の流れが悪くなってしまいます。それにより動脈硬化や狭心症、脳梗塞などのリスクが高まってしまうのです。

下記の条件に当てはまる人は病気になるリスクが高いため要注意。当てはまるものがないか確認しましょう。

  • 脂質異常症の方
  • 糖尿病(予備軍を含む)の方
  • 第一度近親者に早発性冠動脈疾患の方がいる
  • 血圧が高い方
  • 煙草を吸う方
  • 高齢者、または男性の方
  • 慢性肝臓病か非心原性脳梗塞の方
  • 末梢動脈疾患の方

この中でも特に脂質異常症の方は注意が必要です。脂質異常症は血中の悪玉コレステロールが多いか、善玉コレステロールが少なくなっておりバランスが崩れている状態。「高LDLコレステロール血症」「低HDLコレステロール血症」と呼ばれており、血中の脂質が異常な状態のため冠動脈疾患の発症率が高くなります。

日本人の疫学データによると、悪玉コレステロール値が低いほど心筋梗塞や狭心症の発症リスクは低いことが分かっています。常日頃からコレステロール値を把握して、通常値よりも高いのであれば下げるための取り組みを行いましょう。

脚注:参考資料

CONTENTS