がんの予防

ゴマから抽出される成分、セサミンにがん予防効果がある理由とは?注目の「ゴマリグナン類」の働きなどについてまとめているページです。

セサミンに期待できるガンの予防効果とは

セサミンに配合されているゴマリグナン類には、活性酸素を抑制して細胞の酸化を防ぐ働きがあります。細胞の酸化はがんを発生させる原因となるので、セサミンを摂取することでがんを予防することができるのです。実際ゴマリグナン類は、肝臓がんや大腸がんなどの予防に効果的ということが分かっています。ガン細胞は体内で増殖する際、周囲に増殖を促す物質を分泌しながら周りの細胞を破壊して増えるのが特徴。ゴマリグナンには、この増殖を食い止める効果があります。さらに、栄養を取り込むためにガン細胞が近くの血管へと毛細血管を伸ばしていくのを防ぐ作用もあるそうです。

がんは一度患ってしまうと手術後も再発率が高い病気です。がんになる前に有用成分を積極的に摂取して、効果的にがん予防をしていきましょう。

セサミンを効率よく摂取するには、サプリメントがおすすめです。ただ、サプリメントはあくまでも「健康食品」です。効果・効能を確証しているものではありませんので、日ごろの健康管理として活用してみてください。

セサミンと免疫力の関係性とは

がんが発生する原因として挙げられるのが免疫力の低下です。免疫力が低下するとガン細胞へ攻撃できない状況になってしまい、ガン細胞が増殖してしまいます。そのため、がんを発生させないためにも免疫力は重要になってくるのです。

セサミンの持つ抗酸化作用には、免疫力を高める効果があります。免疫力を低下させる原因となるのが、活性酸素です。活性酸素は正常な細胞や組織を傷つけてしまうため、免疫力を低下させてしまいます。そんな活性酸素の多くは肝臓で発生。セサミンは肝臓まで達することができる数少ない抗酸化物質なので、直接肝臓を活性酸素から守ることができます。肝臓は解毒を行う重要な器官なので、免疫力をアップさせるのに大きな影響を与えるのです。ビタミンEを一緒に摂取することでセサミンとの相乗効果を起こし、抗酸化作用を高め免疫力をさらにアップさせることができます。

セサミンの健康効果をチェック!

CONTENTS