特集 人気のセサミンサプリ徹底比較 数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品をセサミン量・カロリー・価格で比較してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

ランキングはこちら

自律神経を整えるサポート

 自律神経失調症の原因は、ストレスだけだと思っていませんか?実は、肝機能が低下することも自律神経が乱れる原因の一つなのです。

こちらでは、自律神経失調症と肝機能の深い関係性と、自律神経を整えるサポートをする成分・セサミンの効果についてまとめています。

自律神経を整えるセサミン

身体が疲れやすくなったり、なかなか寝付けなかったり、めまいや立ちくらみに悩まされたりする自律神経失調症。女性に多い更年期障害も、自律神経の乱れによって発症するといわれています。

自律神経が乱れる原因に「ストレス」が挙げられますが、実は肝機能の低下も自律神経が乱れる要因の一つなのです。

生活習慣の乱れが肝臓を弱らせる

食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎによって生活習慣が乱れると、肝臓に脂肪が溜まった「脂肪肝」の状態になります。脂肪肝がやっかいなのは、肝臓についた脂肪が活性酸素と結びつくと「過酸化脂質」という有害な脂質に変わってしまうところです。

過酸化脂質によって炎症を起こしやすくなった肝臓の働きは、どんどんにぶくなっていきます。肝機能が弱ってしまうと体内に毒素が溜まり、筋肉や神経に十分な栄養が送られないため身体が疲れやすくなります。

解毒作用が衰えた肝臓が自律神経失調症の引き金に

肝臓の大きな役割の一つに、アンモニアを解毒する働きがあります。

アンモニアには神経毒性があり、神経細胞の機能を低下させてしまいます。自律神経も例外ではありません。このアンモニアを、神経系にダメージを与えてしまわないよう無害な尿素などに変換する役割を担っているのが肝臓です。

肝臓の働きが弱っているとアンモニアを処理できず、自律神経にもダメージを与えてしまい、自律神経失調症を引き起こしてしまうこともあります。

肝臓が弱っていても気づきにくい

肝臓は痛みを感じにくく、病気になっても自覚症状が現れないことから「沈黙の臓器」と呼ばれています。今は異変がなくても肝臓が無事である保証はなく、「気づいたら取り返しがつかないほど症状が進んでいた」というケースも珍しくありません。

一見、肝臓に異変はなくても、自律神経の乱れが肝機能の低下を知らせている可能性は大いにあるのです。

肝機能アップの救世主・セサミン

肝機能の低下が招く自律神経失調症を緩和させる成分が、ゴマに多く含まれるセサミンです。セサミンには優れた抗酸化作用があり、活性酸素を減らして過酸化脂質の生成を抑えるため、肝機能を向上させる働きがあるといわれています。

また、セサミンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分でもあるため、女性のホルモンの乱れからくる症状を緩和させるサポートもしてくれます。エストロゲンが減少すると交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、めまいや動悸、不眠などさまざまな症状を引き起こします。

エストロゲンと似た働きをもつセサミンを摂ることで、肝機能をアップさせるだけでなく自律神経失調症を緩和する効果も期待できるのです。

肝機能アップがストレス解消に繋がるワケ

肝機能を向上させ、交感神経と副交感神経のバランスを整えるサポートをしてくれるセサミン。活発過ぎる交感神経を落ち着かせることで不眠が解消され、グッスリ眠れるようになれば、過度のストレスからも解放されるでしょう。何より、ストレスが改善されれば自律神経失調症の症状も必然的に軽くなります。

自律神経の乱れやストレスに悩まされている方は、セサミンを効率よく摂取できるサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。サプリメントは数日で効果が出るものではありませんが、継続して飲み続けることで身体に変化が現れてくるはずです。

 
CONTENTS