セサミンサプリおすすめBEST3
セサミンサプリの効果・効能講座 HOME  » まだある!セサミンに期待できる効果・効能一覧

まだある!セサミンに期待できる効果・効能一覧

セサミンは、“パーフェクト食材”と称されて世界中で珍重されてきたゴマの、パーフェクトたるゆえんとも言える成分。

セサミンの健康パワーは、細胞の老化を防ぐ強力な抗酸化作用だけに留まりません。

疲労回復から更年期の改善まで、セサミンの健康パワー

セサミンに代表されるゴマリグナン類という成分は、体内で女性ホルモンと同じような働きをすることから、植物性エストロゲンとも呼ばれています。生殖機能の充実を担うほか、自律神経や交感神経などのバランスを保ったり、血中のコレステロール値を抑えたりする役割を持っている、女性ホルモン・エストロゲン。そのエストロゲンと同様の働きをするということは、セサミンにはそれに匹敵するだけの、健康を維持する効果が期待できる、ということを意味しているのです。

そこで次のページからは、アンチエイジング効果だけではない、セサミンのさまざまな健康パワーについて、詳しく解説していきましょう。セサミンを継続的に摂取することで得られる効果は、計り知れません。セサミンの効果や効能を詳しく知って、元気な体作りにぜひ取り入れてみてください。

セサミンの抗酸化作用で健康な生活を

ゴマは古くから健康を促進する食品として世界中で利用されてきました。抗酸化物質ゴマリグナンの一種セサミンは、ゴマの中に僅か1%未満しか含まれていない希少成分として知られています。抗酸化物質とは、体内の酸化を抑制・除去する物質のこと。ゴマ油がほかの油と比べて酸化しにくいとされるのも抗酸化作用を持つゴマリグナンの効果なのです。特にセサミンは、脂溶性の抗酸化物質のため体内の脂質の酸化を防ぐとされています。

体内では常に活性酸素が発生し、細胞が酸化されています。活性酸素が増えることにより、体内では動脈硬化の原因と言われる悪玉コレステロールの増加、それによる生活習慣病のリスクが上昇。さらに老化の促進や体のだるさ、肌のハリの低下などが発生すると考えられています。

ラットを使った研究では、セサミンを含んだ飼料を与えることで活性酸素が抑制。高血圧の低下が確認されています。詳しく調査したところ、活性酸素が発生する原因となるのはNADPHオキシダーゼ。その発生を抑制することで、活性酸素が減少していることが分かりました。これは、降圧薬として使用されている成分が血圧を下げるのみに対してセサミンが原因元を抑えていることで、高血圧に対する予防効果が期待できるということなのです。

セサミンが肝臓に働きかける効果とは

セサミンは体内で吸収された後、肝臓に運ばれて活性酸素やアルコール、コレステロールに効果を発揮すると考えられている成分です。

体内で生成される活性酸素は、その酸化力によって体内のウイルスや細菌を撃退する役目を持っています。しかし、増加しすぎることによって健康な肝細胞にまで影響を及ぼしてしまうのです。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、ダメージを受けてもなかなか症状が表に現れません。

ゴマに含まれるセサミンは、脂溶性の抗酸化物質です。摂取されたセサミンは胃や腸では直接分解されずに、肝臓へと血液が流れる門脈で吸収。肝臓に直接作用し肝機能を向上させると考えられています。アルコールの分解が促進されることで悪酔いや二日酔いなどを予防。酵素の働きを活発化して肝臓の負担を軽減してくれます。細胞の老化や癌の原因とされる過酸化脂質は、脂質が酸化することにより発生する物質です。抗酸化作用を持つセサミンが脂質の酸化を抑えることで、老化の防止・がんの予防ができると言われています。

特集
人気の
セサミンサプリ徹底比較

数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品のセサミン量・カロリー・価格を調査してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

CONTENTS
コンテンツ一覧

TOP