ポリフェノール

 こちらのページでは、ポリフェノールがどんな栄養成分なのか、そしてセサミンとどのような関係なのかについて説明しています。

ポリフェノールってどんな栄養成分?

ポリフェノールは、植物が光合成をおこなう際に糖の一部が変質して作られる物質です。渋み・苦味・色素の成分で、ブドウやお茶、カカオに含まれる苦味成分などをポリフェノールと呼びます。

ブルーベリーに含まれる目に良いアントシアニンや、ブドウに含まれるレスベラトロール、日常的に飲んでいるお茶に含まれているカテキンなど、よく健康に良いと聞く栄養素も、総称してポリフェノールです。自然界には、約5,000種類以上のポリフェノールが存在していると言われています。

ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、自然界においては、虫の攻撃や紫外線を浴びることで発生する活性酸素を除去し、植物の身を守るための防御物質としての働きをします。

本来、活性酸素は体に侵入したウイルスなどを撃退するために存在する必要な物質です。しかし、ストレスや喫煙などによって悪性のものに変化すると、たんぱく質や脂質を攻撃して破壊してしまい、それが老化などの原因になると言われています。

ポリフェノール+セサミンの相乗効果とは

実は、セサミンもポリフェノールの一種です。もともと同じ部類の栄養素であることから、一緒に摂取することで得られる相乗効果はポリフェノールが一番優れているとも言われます。

セサミンはその抗酸化作用によって、肝臓の活性酸素を除去する働きをします。ポリフェノールの抗酸化作用は細胞膜や血管内で発揮されるので、二つの成分が異なる場所に働きかけ、体全体の機能を維持したり若さを保つと言われます。

また、この二つはお互いの力を高め合う相乗効果があるとも言われています。それだけでなく、ポリフェノールの種類によっては期待できる働きも違うため、抗酸化作用だけでなく高血圧やアンチエイジングなどへの働きかけなど、一緒に摂ることで通常よりも期待できるものなのです。

ポリフェノールが含まれる食品

ポリフェノールを含む食品としてよく知られているのは、チョコレートやワイン。その他にも、ポリフェノールはたくさんの食品に含まれています。

果物であれば、いちご・ブルーベリー・みかん・サクランボ。飲料であればココアやコーヒー、緑茶。そのほかにも、葉物野菜や納豆などにも。

含有量が多いと言われているのは、緑茶などの飲み物類です。

このようにポリフェノールは多くの食品に含まれているので、たくさんの食材をバランスよくとるように心がけると、より多くのポリフェノールを自然と摂取することができます。

セサミンと相性の良い栄養成分をさらにチェック!

CONTENTS