特集 人気のセサミンサプリ徹底比較 数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品をセサミン量・カロリー・価格で比較してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

ランキングはこちら

DHA

生命維持に欠かせない必須脂肪酸をたっぷり含むDHAとは?身体へのはたらきと、セサミンとの飲み合わせで期待できる相乗効果について、分かりやすく解説しています。

DHAってどんな栄養成分?

DHAと略されるドコサヘキサエン酸は、青魚に多く含まれる成分で、オメガ3脂肪酸に分類されるもの。人間のほとんどの細胞に存在していますが、生命を維持するために欠かせない必須脂肪酸と呼ばれる成分のひとつです。

固まりにくい脂質のため、血液中でもサラサラの血流を保つことができ、動脈硬化や生活習慣病の予防に役立つと言われています。

さらにDHAは、血液が脳へ流れ込む関門と呼ばれる部分や、目の網膜に流れ込む関門も通過することができる成分なので、脳や目の網膜の血流を促進して、機能を活性化することができるのです。

脳の神経細胞が活発に働くために、必要な栄養を作りだす働きを、DHAが担っていることも分かったそうで、そういった意味でも、DHAを摂取すると“頭が良くなる”という説が有名になったのですね。

”酸化”からDHAを守ってくれる 心強いセサミン

DHAにはとても酸化しやすいというデメリットがあります。活性酸素と結びついて酸化してしまうと、せっかくの血液サラサラ効果が半減してしまいます。DHAを摂取するには、いかに体内で酸化させずに吸収させるか、という点にかかっているのです。

そこで、DHAと一緒に取り入れたいのがセサミン。セサミンは、活性酸素を除去して酸化を抑制する効果が高いので、DHAを酸化させずに体内に効率よく取り込むことができます。

サプリメントなどで、セサミンとDHAを一緒に摂取することは、細胞の老化防止と脳の若返り効果の両方が期待できる、一石二鳥のアンチエイジング法と言えます。

DHA+セサミンの相乗効果とは

DHAは血液サラサラ効果をもたらす成分としても知られていますが、内臓の活性酸素除去に役立つセサミンを一緒に摂ることで、元気な胃腸に近づけてくれたり、身体全体の血の巡りをスムーズにする効果が期待できます。

さらに、セサミンには血液中のコレステロール値を下げる働きもあるので、健康診断の数値が気になる方にも、ぜひおすすめしたい組み合わせです。

内臓を元気にしたい人はセサミンメインで摂るのがおすすめ

サプリで健康対策をしたい人の中には、生活習慣病予防や健康診断の数値を下げたい人も少なくないはず。そんな人は、内臓に強力な抗酸化パワーを発揮するセサミンを優先的に摂るのをおすすめします。

抗酸化作用を持つ栄養成分はたくさんありますが、肝臓までしっかり届いてくれるのは、セサミンのみ。肝機能を高める働きを持ち、コレステロール値・高血圧の低下や生活習慣病の予防にも効果を発揮します。二日酔い予防や悪酔い対策にも適しているそうです。

ちなみにセサミンの摂取目安は1日あたり10mg前後。ゴマ3,000粒相当の量を補う必要があります。サプリを選ぶ際、食事で補いづらいセサミンの含有量をチェックするようにしましょう。

CONTENTS