アスタキサンチン

 鮭の身やカニの甲羅などに含まれるアスタキサンチン。美肌サプリや化粧品などでよく聞く栄養素です。今大注目の“海からのおくりもの”アスタキサンチンですが、セサミンとの関係はどのようなものでしょう?

スタキサンチンってどんな栄養成分?

アスタキサンチンはカロテノイドの一種である色素物質です。カニやエビなどの甲殻類の殻や、鮭の身などの赤色部分に含まれています。

非常に高い抗酸化作用を持ち、最近では化粧品などに含まれているのを目にすることもあるかと思います。

アスタキサンチンが効力を発揮するのは、「一重項酸素」と呼ばれる、紫外線を浴びた際に皮膚に発生する活性酸素に対してです。この活性酸素は発生するとメラニンを過剰に分泌させてシミの原因になるほか、肌のコラーゲンを変質させてしわやたるみを引き起こします。そのため、アスタキサンチンは美容目的の商品などによく利用されているのです。

また、栄養の届きにくい深く細かい部分に入り込むことができると言われており、脳疾患予防や眼精疲労にもいい働きを期待できるようです。

アスタキサンチン +セサミンの相乗効果とは

アスタキサンチンの抗酸化力は非常に優れており、ビタミンEの1000倍とも言われています。ですが、少しの刺激で壊れやすいという弱点もあります。この弱点を補うのがセサミンです。

セサミンと一緒に飲むことで壊れやすいアスタキサンチンを保護してくれ、体への吸収率もアップすると言われています。

セサミンとアスタキサンチンはどちらも高い抗酸化作用を持ち、活性酸素を減らす助けをしてくれます。それによりLDLコレステロールが参加して血中に溶け込むことも抑えられるので、サラサラを保つ効果が期待できます。

アスタキサンチンを摂取できる食べ物

アスタキサンチンは、主に海で採れる赤い食べ物に含まれています。これは、アスタキサンチンの元になるのが「ヘマトコッカス藻」という藻の一種であるというのが理由です。

この藻がプランクトンに食べられ、そのプランクトンをエビや鮭が食べ…というふうに、食物連鎖で上位の生き物の体に蓄積していきます。

ちなみに、イクラが赤いのは産卵の際に親の体内のアスタキサンチンが卵に移るからで、イクラにもアスタキサンチンが含まれます。

セサミンと相性の良い栄養成分をさらにチェック!

CONTENTS