特集 人気のセサミンサプリ徹底比較 数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品をセサミン量・カロリー・価格で比較してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

ランキングはこちら

ごまにしか含まれない注目成分

このページでは、ヘルシー食材・ごまの健康効果をく調べています。

注目したいごまの健康効果とは

ごまのイメージヘルシー食材・ごまは、縄文時代の遺跡から出土された記録もあるほど、日本人の食生活に深く浸透しています。

そのまま食べたり、すりごまにしたり、搾油しごま油として活用したり…。その味と香りは世代を超え、世界中で受け継がれてきました。

さらに近年の研究で、ごまには独自のヘルシー成分が含まれていることがわかっています。それが、ゴマリグナン

リグナンとはポリフェノールの一種で、抗酸化力や炎症反応を軽減する働きが知られています。さらに数あるポリフェノールの中でも、肝臓まで到達できる力があることで知られています。

またリグナンはイソフラボンと同様、植物性のエストロゲンとして知られています。エストロゲンは女性ホルモンですから、閉経後のホルモン分泌減少に伴う諸症状に苦しんでいる方にとっては、大きな注目に値する成分です。

ゴマリグナン=セサミン

ごまから抽出された健康成分は、主に「セサミン」として商品化されています。
「ゴマリグナンとセサミンって、何が違うの?」と感じる方もいるでしょう。

セサミンは、ゴマリグナンに含まれる物質のひとつです。ほかにセサモリン、セサモールという名称の物質も含まれていますが、含有量から考えるとセサミンが最も多くなるそうです。

ですからゴマリグナンに期待できる効果は、同様にセサミンに期待できると考えて、間違いないでしょう。

期待できるヘルシー効果

上記のように、ゴマリグナンには「抗酸化作用」と「女性ホルモンと同様の働き」があります。これにより、以下のようなヘルシー効果が期待できます。

  • 疲労回復
  • コレステロール値の低下
  • 更年期障害の改善
  • 二日酔いの予防
  • がんの予防
  • 美肌効果
  • 育毛効果
  • 骨粗しょう症の予防
  • 高血圧の予防
  • ニキビの予防

せひ積極的に、ゴマリグナン(セサミン)を摂取していきましょう。

なお、セサミンの1日摂取目安量は、8~15mgといわれています。毎日の食事から摂るのが難しい場合も多いので、サプリで効率よく摂取していくのがおすすめです。

CONTENTS