特集 人気のセサミンサプリ徹底比較 数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品をセサミン量・カロリー・価格で比較してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

ランキングはこちら

ごま料理でセサミンを摂取

身体を若々しい状態に保てるセサミンは、ごまだけでなく米や麦などにも含まれています。しかし、米や麦に含まれているセサミンは表面に存在するため、調理によって失われてしまいやすいです。

そのため、セサミンを効率良く摂取したい場合は、ごまやごま油を活用するのが最適です。ここでは、どの家庭でも簡単に作れる、ごまやごま油を使った料理をいくつかご紹介します。

まず最初に知っておきたいごまの基本的な食べ方

市販されているごまの多くは加工されているため、購入してからすぐに食べることができます。しかし洗いごまはまだ煎られていない状態であるため、そのまま食べることはできません。

洗いごまを購入した際は、自宅でごまを煎り、それぞれの好みに合わせてごまを食べてみましょう。

まずは温めたフライパンにごまを入れ中火で煎っていきます。ごまがぱちぱちと跳ね出したり、膨らんだりしてきたら完成です。煎ったごまは食物繊維が豊富なため、便秘改善などに役立ちます。

ごまの香りや風味をもっと味わいたい場合は、煎ったごまをすってみましょう。

ごますり器を使わずにすり鉢とすりこ木を使うと、ごまの美味しさをアップさせることが可能です。すりこ木を回しながら作業を進めていけば、きれいにごまをすることができます。

しかしすりすぎるとごまの食感は無くなるので、ごまをする際は形が残るように加減してあげましょう。

ごまの風味をより楽しみたい場合は、ごまを徹底的にすってねりごまを作りましょう。

作り方は非常に簡単で、最初にごますり器を使ってごまをすります。ごまが細かくなったらすり鉢で仕上げを行ない、ペースト状になれば完成です。

市販されているねりごまとは違う食感になりますが、ごまの豊かな香りと濃厚なコクを味わうことができます。栄養吸収率も高まるため、ごまの成分を効率良く摂取したい方にも最適な調理法です。

5分以内で完成!簡単きゅうりのごま和え

きゅうりのごま和えを作る際は、まず新鮮なきゅうりを選ぶ必要があります。

表面の緑色が濃ゆく、全体の太さが均一のものを選びましょう。固くてイボが尖っているきゅうりは、新鮮さが非常に高いため料理に最適です。

質の良いきゅうりを入手したら、次は調理に移ります。

まずは、きゅうりをよく洗って水気を切った後、一口大の大きさへときゅうりを切ります。切るのが面倒な場合は、そのまま手で割ってしまっても大丈夫です。

切ったきゅうりをビニール袋へ入れた後はごま油とすりごま、鳥ガラスープの素をそれぞれ大さじ1ずつ加えます。その後は袋を密閉してもみ込み、皿に飾り付ければ完成です。

もみ込んだ後に冷蔵庫へ入れておけば、きゅうりに味が染み込んでよりおいしくなります。

おやつにぴったり!子供も喜ぶごま団子

ごま団子を作る際は、だんご粉と上新粉、白玉粉の中からそれぞれの目的に合った粉を選びましょう。

コシのある団子を作りたい場合は、市販のだんご粉を使うのが最適です。うるち米ともち米を混ぜ合わせた団子粉は種類が豊富で、うるち米の量が多くなればなるほどコシの強い団子を作ることができます。

上新粉は粘りやもちもち感を抑えた団子を作りたい時に最適です。うるち米を乾燥させて粉にしたものであるため、歯ごたえのある団子を作ることができます。

白玉粉はもち米から作られた粉で、食感が非常になめらかなのが大きな特徴です。もちもち感が非常に高い団子を作れるため、月見団子などを作る際はこの白玉粉がよく使われています。

だんご作りに使う粉が決まった後は、早速ごま団子を作っていきましょう。

材料は団子粉と市販のこしあんと砂糖、水にいりごまとサラダ油です。まずはこしあんを5gずつに分け、一つずつ丸めていきます。丸めた後はボウルに選んだ団子粉と砂糖を入れて混ぜ、作った生地であんを包みます。

その後、ごまを全体へとまぶし、150°の油で揚げましょう。団子が浮き上がり生地が透き通ったら、取り出して油を切ります。

いろいろな料理にごまを活用

ごまには白ごまやごま油などいろいろな種類があり、どのような料理にも気軽に使うことができます。さらにごまとの相性が良い食品を使えば、より効率良く栄養素を補給することが可能です。

身体に必要な必須アミノ酸を補給したい場合は、ごまと一緒に大豆製品を食べるのが最適です。大豆はごまには含まれていない必須アミノ酸が入っているため、身体に不足しているエネルギーをしっかり補給することができます。

ごまでは摂取できないビタミンCをしっかり補給しておきたい場合は、緑黄色野菜とごまを一緒に食べましょう。

緑黄色野菜にはビタミンCだけでなく、脂溶性ビタミンの吸収をサポートする効果があります。そのため一緒に摂取すれば、ごまに含まれるビタミンの吸収を促すことが可能です。

ごまを使った料理を作る際は、大豆や緑黄色野菜などの相性が良い食品を積極的に活用しましょう。

CONTENTS