特集 人気のセサミンサプリ徹底比較 数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品をセサミン量・カロリー・価格で比較してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

ランキングはこちら

食卓での活用術

このページでは、ごまを毎日の料理で活用する方法をリサーチしています。

ごまを料理で活用しよう

「ごまをする」という慣用句もあるほど、日本人の食生活に深く浸透しているヘルシー食材・ごま。

近年注目されている成分・ゴマグリナンには、セサミンをはじめ身体の酸化を抑制する物質が多く含まれているので、
積極的に食卓へ取り入れていきたいものです。

「今まであまり、ごまをレシピに活用したことがないんだけど…」という人のために、
スーパーなどで気軽に購入できるごまの種類を紹介していきましょう。

★いりごま…生のごまを水洗いして煎ったもの。すりつぶす前で、原型をとどめた状態と考えれば、わかりやすいかもしれません。パッキングされた状態で100~200円で販売されています。

★すりごま…いりごまをすったもの。ごま特有の芳香が立ちやすくなっています。またいりごまより消化吸収に優れています。パッキングされた状態で100~200円で販売されています。

★ごま油…焙煎を行ったごまを搾油したもの。通常の油に加え、酸化しにくいことで知られます。ゴマグリナンも豊富に含まれます。

いかがでしょうか?上記以外にも、練りゴマやごまドレッシング、そしてごまペーストなどの加工食品にも注目してみてください。そして次回買い物に出かけた時に、ごま製品を購入してみましょう。

では次に、ごまの活用法を紹介します。

ふりかけとして活用する

いりごまはそのまま、ふりかけとして活用できます。

  • お弁当の白米にふりかける
  • ごま入りのおにぎりを作る
  • おひたしや酢の物などにふりかける

主食や 副菜と一緒に、ごまの栄養分をしっかり吸収してください。

トッピングとして活用する

すりごまはトッピング次第でさまざまなバリエーションを楽しめます。

  • 砂糖と混ぜ合わせ、おもちをトッピングする
  • 揚げ物の際に、パン粉に混ぜ風味を楽しむ
  • ラーメンのトッピングに使用する

ごま油を活用する

ごま油を使った天ぷらは「江戸前」といわれ、その芳香でより味が深まります。その他にも以下の活用法が。

  • 中華料理や和風パスタの仕上げにふりかける
  • 卵焼きに風味とやわらかさをプラスする
  • 冷奴にかける

加工食品を活用する

特におすすめなのは、ごまペースト。スイーツなどにも活用できます。

  • パンに塗って食べる。はちみつをプラスすれば、よりヘルシーに
  • 黒ごまプリン作りに活用する

いかがですか?工夫次第でごまの活用法は無限大。
あなたもぜひ、ヘルシー食材・ごまを身近なものにしてくださいね。

CONTENTS