特集 人気のセサミンサプリ徹底比較 数多くあるセサミン含有サプリメントの中でも、特に人気を集める3商品をセサミン量・カロリー・価格で比較してみました。開発メーカーについてや口コミ評判も掲載中です。

ランキングはこちら

黒ゴマと白ゴマの違いって?

黒ゴマと白ゴマの違いを調査しているページです。

黒ゴマと白ゴマの違いとは

日本人にも馴染み深い食材として、食卓を彩っているゴマ。しかしゴマと聞いて白ゴマを連想する人もいれば、黒ゴマを連想する人もいるでしょう。「そう言えばゴマって色の違いがあったな」とはじめて思い当たる人もいるかもしれません。そもそもゴマには、栽培種だけでも3000以上のバリエーションがあるというのだから、驚きですね。

黒ゴマと白ゴマの違いは、種類の違いです。いずれかが加工されて色が変わっている、というわけではありません。
では黒ゴマと白ゴマの間には、色以外に特徴や効能の違いもあるのでしょうか?以下に注目してください。

黒ゴマ 軽い味で芳香がある。
栽培地 中国、東南アジア
特徴 黒い皮にアトシアニンやカルシウムが含まれる。
利用法 ごま塩、トッピングなど

 

白ゴマ ほのかな甘味がある。
栽培地 アフリカ、東南アジア、日本など世界の温暖な地域
特徴 含油率が多い。
利用法 ごま油、トッピングなど

同じゴマでも、さまざまな違いがあることが、わかっていただけたのではないでしょうか?

「では一体、どちらを選べば良いの?」と混乱してしまう人もいるかもしれません。
そこで、それぞれのメリットを紹介します。

  • 黒ゴマ…黒い表皮に含まれる栄養素のぶん、抗酸化作用が強いと考えられる。
  • 白ゴマ…含油率が高い分、脂溶性の成分であるセサミンも多く含まれると考えられる。

セサミンを少しでも多く摂りたいと考える場合、白ゴマを選ぶのがいいかもしれません。しかし食生活の中で日常的に取り入れていくなら、油分にも注意してください。特にダイエットに気を配っている方には、黒ゴマの方がおすすめできます。
黒ゴマにセサミンが含まれていないというわけではありませんし、白ゴマより多彩な栄養素を含んでいるようなので、
同様にヘルシーで魅力的な食材なのです。

黒ゴマと白ゴマを上手に併用しながら、健康な食生活を実現していってくださいね!

CONTENTS