優れたアンチエイジング効果を持つセサミンとは

ゴマの栄養成分セサミンを大調査セサミンとは、主にゴマに含まれる、抗酸化作用を持った成分です。

これらの食品には、大豆イソフラボンに代表される植物性エストロゲンのひとつ、「ゴマリグナン」という物質が含まれており、人間の体内に入るとホルモンと同様のはたらきをします。このゴマリグナンの中でも特に強い抗酸化力を持っているのがセサミンです。

体内で発生する有害物質や活性酸素を除去し、酸化を防いでくれることから、ガンや生活習慣病の予防・アンチエイジングなどに効果が期待されています。

当サイトでは、近年ますます注目が高まっているセサミンの健康効果について、徹底的にリサーチし紹介しています。

以下で、セサミンが私たちの体にもたらす健康効果についてまとめてみました。

セサミンが抗酸化作用で活性酸素を除去するメカニズム

民間の滋養食としても活躍するゴマから抽出されたセサミンは、抗酸化物質ゴマリグナンの1つです。ゴマは脂質やたんぱく質、炭水化物などで構成されていますが、セサミンが含まれているのは、わずか1%と言われています。

ゴマ油が他の油と比べて酸化しにくいのは、このゴマリグナンが作用しているから。人の老化も酸化によって進んでしまうため、体内の酸化を抑制・除去する「抗酸化作用」は、セサミンのなかでもとくに注目すべき作用なのです。

体を酸化させてしまう活性酸素を除去することが大切

私たちが日々消費しているエネルギーは、体内に取り込まれた酸素を使っています。酸素によって体内で栄養素を吸収し、エネルギーに変換しているのです。ただ、取り込んだ酸素のうち、2%程度はとても強い酸化力を持った活性酸素に変わります

「活性酸素は体に良くないもの」というイメージを持つ方が多いようですが、もともと体内に入り込んだ細菌やウイルスを撃退する役割を持っているもの。ただし過剰に増えてしまうと、健康的な細胞まで酸化させしまうのが難点です。悪玉コレステロールを増加させることもあり、生活習慣病のリスクが上がってしまいます。そのため、活性酸素の除去が大切なのです。

セサミンが抗酸化作用を発揮するメカニズムは?

セサミンは、門脈(血液を肝臓へと注ぎ込む血管)を通じて抗酸化物質に変化します。ほとんどの活性酸素は肝臓で生まれるため、セサミンは肝臓で抗酸化作用を発揮し、活性酸素を除去しているのです。

ラットを使った研究でも、ラットにセサミンを含む飼料を与えたところ、活性酸素が抑制されたと報告されています。活性酸素が発生する原因は、NADPHオキシダーゼという酵素。セサミンがこれを抑え、活性酸素の発生を減少させていることがわかったのです。

沈黙の臓器「肝臓」の負担を軽減してくれるセサミン

体内に吸収されたセサミンは、脂溶性の抗酸化物質になるため胃や腸では分解されません。門脈を通って肝臓に運ばれ、抗酸化物質に変身します。抗酸化物質は酸化を抑え、アンチエイジングやアルコールの分解、悪玉コレステロールの減少などの効果を持つ優れものです。

コレステロールや中性脂肪といった脂質を酸化し、細胞の老化やがんの原因を生むのが過酸化脂質。この過酸化脂質が増殖すると細胞が破壊されてしまい、活性酸素がDNAを傷つけます。そのため、異常な細胞やがん細胞がつくられてしまうのです。

セサミンはこういった事態を防ぐために、抗酸化作用を発揮して活性酸素と戦ってくれています

肝臓はダメージを受けてもあまり気づかない沈黙の臓器

  • 必要なエネルギーを蓄える
  • アルコールといった体に有害な物質を解毒・分解する
  • 食べ物の消化で必要になる胆汁を分泌する

この3つの役割を担っている重要な臓器です。再生能力が高く、我慢強い臓器でもあるのでちょっとしたダメージでは症状を発しません。ただ、症状が出てしまう頃には手遅れになっていることが多い臓器。肝臓の負担を軽減しようと働きかけてくれるセサミンは、まさしく救世主なのです。

セサミンはサプリメントで摂取するのが鉄則

セサミンは毎日の食生活で取れる?セサミンはゴマに含まれている成分ですから、「毎日たくさんゴマを食べれば摂取できるんじゃないの?」と単純に考えてしまう方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ゴマの成分のうち健康効果が期待できるゴマリグナン類は、ほんの1%ほどしか含まれておらず、そして50%以上は脂質でできています。ゴマは油が搾れてしまうくらい油分がたっぷり含まれているのです。

アンチエイジング効果を期待するほどセサミンを摂取するためには、1日に相当な量のゴマを食べる必要があり、そうなると摂取カロリーも高くなってしまうのは当然でしょう。

一般的にセサミンの1日の摂取目安は10㎎前後と言われていますが、ゴマを食べるだけで摂取しようとすると、1日に3000粒以上のゴマを食べなければなりません。しかも、ゴマは硬い皮に包まれていて、そのままで食べてもセサミンはなかなか吸収できないのです。ゴマをすりつぶして料理するのは、栄養学上理に適っているのですが、それを毎日続けるのは大変ですよね…。

そこでおすすめしたいのが、セサミンをサプリメントで摂取する方法。今は便利な時代で、自分に必要な栄養分を錠剤やドリンク、カプセルで手軽に摂ることができるのです。

セサミンの場合は、1日に2~3粒程度のカプセルを飲むだけで10㎎くらいのセサミンを摂取できるサプリメントがたくさん販売されています。それらのサプリを毎日飲むだけで、ゴマをする手間もかからず、手軽にセサミンの抗酸化パワーを実感することができますよ。

これで完璧!セサミンサプリメントの選び方

セサミンが配合されていれば、どのサプリメントでも変わらないのでしょうか。せっかく健康のためにセサミンを摂取するのなら、身体にもお財布にも優しいものを選びたいですよね。ここでは、6つの選び方のポイントを紹介します。

カプセルタイプのサプリメントを選ぶ

上手にセサミンを摂取したいなら、「カプセルタイプ」のサプリメントがおすすめです。販売されている3つのタイプのサプリメントを比較してみましょう。

カプセルタイプ

長時間熱加工せずにカプセルに液状のセサミンを閉じ込めているため、純度が高く品質も安定しています。セサミンは油脂との相性が良い脂溶性なので、油脂に溶けたセサミンだと吸収率がアップし高い効果が期待できるでしょう。

錠剤タイプ

粉末の成分を固める結合剤、胃で溶けやすくする崩壊剤などが使われているため、成分の純度が低くなりがちです。自然素材の添加物を使用しているか、純度が高いサプリメントを選ぶのがポイント。

粉末タイプ

砕いたり乾燥させたりしているため成分の純度が高く、風味がダイレクトに伝わるタイプ。セサミンの性質と吸収率を考えると、粉末よりも油脂に凝縮されたカプセルがよいと言えます。

セサミンの含有量が多いものを選ぶ

「セサミン配合」だからOKではなく、どれぐらい配合されているのか含有量をチェックしましょう。

セサミンの摂取目安量は1日あたり10mgと言われ、サプリメントでは1日2~3粒で10mg摂取できるものが大半です。中には、3粒で15mgのセサミンを摂取できたり、5~6粒で30mg以上摂取できる商品も。

目安量は最低限の量なので、やはり含有量の多いものを選ぶと有効成分の効果が表れやすいと言えます。

サプリメントは毎日続けてこそ、効果を発揮するもの。粒が多いと飲むのが面倒・手軽に飲みたいという方は、自分に合った粒のサプリメントを選びましょう。健康的な体作りをするために、1日に必要な含有量を摂取できるだけではなく飲みやすさ・続けやすさも重要なポイントです。

カロリーが低いものを選ぶ

セサミンのサプリメントは脂質が多く含まれているゴマが原料なので、カロリーが気になるところ。せっかく健康のために摂取しても、高カロリーでは元も子もありませんよね。

身体の吸収率が高い油脂に含まれたカプセルタイプは、「カロリーが高いのでは?」と思う方がいるでしょう。たしかに錠剤タイプが1mgあたり0.7kcal以下が多く、カプセルタイプは0.4~1.1kcalと錠剤タイプよりもカロリーが高いといえます。しかし、中には0.4kcalの商品もあるので、上手に選べば錠剤タイプよりも低カロリーで摂取できますよ。「セサミンの効果を十分に取り入れたい」「カロリーも気にしたい」方は、高吸収率+低カロリーのカプセルタイプを選びましょう。

続けやすい価格を選ぶ

サプリメントは医薬品ではないため、即効性があるものではありません。個人差はありますが、3ヶ月程度は続けて摂取することが目安と言われています。

「良いモノは高くても買いたい」という方はいると思いますが、毎日続けるとなると、やはりサプリメントの価格は重要なポイント。商品によっては、初回注文を特別価格にしているので、安く手に入って気軽に試せますよ。

「毎回購入するのは面倒」と言う方は、定期購入が良いでしょう。なくなる頃に定期的に届けてくれるので、買い忘れ・サプリメント切れを防げます。さらに単品よりも、安い定期価格で購入できるのも魅力。効果を得るために「続けやすさ」を重視して、サプリメントを選びましょう。

安全性・品質が高いものを選ぶ

身体に入れるものだからこそ、安全性・品質が高いサプリメントを選びましょう。健康食品やサプリで健康被害の事例があるため、重要なポイントのひとつと言えます。

高品質かを見極める方法は「GMP認定工場で製造しているサプリメントか」です。GMPとは、Good Manufacturing Pracitice(適性製造規範)の略で、厚生労働省が定めたガイドラインをもとに「安全かつ一定の品質で製造するための製造工程基準」をさします。GMPの認定を受けるには、第三者機関による工場の審査・査察で、ガイドラインに沿った厳しいチェックをクリアする必要があります。つまり、GMP認定工場で作られた商品は、厳密な品質管理が行われて「品質が確保されている」と判断されたという証。

GMPマークがついている商品は、認定工場で作られたことを証明するものなので、サプリメントを選ぶ際にはマークを確認しましょう。

このサイトで紹介しているセサミンの秘密

当サイトでは、管理人が調査した内容を各ページでまとめています。気になるトピックがあれば、ぜひご覧になってみてくださいね。

老化防止&若返り成分セサミンの秘密

ここでは、セサミンがそもそもどういったものなのかについて解説しています。サプリで摂取する際の価格相場や、飲むタイミングといったこともここで紹介していますよ。セサミンを含む、ゴマリグナンについてもここで解説していますので、まずはセサミンが何かを知りたい!という人は参考にしてください。

「老化防止&若返り成分セサミンの秘密」のページを見る

まだある!セサミンに期待できる効果・効能一覧

セサミンにはさまざまな効果があることは既に紹介させてもらいましたが、さらに詳しい内容をこちらで紹介しています。セサミンについて研究している論文などをもとに、セサミンの効果をまとめました。これらはサイトに掲載されている各商品の効果を認めるものではないので、あくまで成分としてのセサミンの効果として参考にされてください。

「まだある!セサミンに期待できる効果・効能一覧」のページを見る

おすすめのセサミンサプリメントを探せ!

セサミンを効率的に摂取するために、サプリメントを検討されている方も多くいらっしゃると思います。そんな方々のためにサプリメントの選び方や、商品を紹介しています!管理人が使っているサプリメントの感想や、お得に購入する情報についてもまとめていますのでぜひご覧になってくださいね。

「おすすめのセサミンサプリメントを探せ!」ページを見る

人気セサミンサプリのデータベース

セサミンを含むサプリも、数多く販売されていて迷ってしまいますよね。そんなセサミンサプリの中からいくつかをピックアップしてご紹介しています。商品ごとのスペックや、お得なキャンペーン情報から口コミまで、商品を知る上で必要な情報を集めてみました。

「人気セサミンサプリのデータベース」ページを見る

相性ばっちり!セサミンパワーをさらに高める栄養成分

セサミン単体でも効果はバツグンですが、セサミンは他の成分の働きを助けることもあります。ここでは、そんなセサミンと相性の良い成分について紹介しています。その成分がどんな働きで、セサミンとどんな相乗効果を生むのかについて知りたい人は要チェックです。

「相性ばっちり!セサミンパワーをさらに高める栄養成分」ページを見る

セサミンを含むヘルシー食材・ごまの魅力を検証

セサミンを含むごまは、日本でも古くから愛されてきた健康食材です。ごまの活用方法やおすすめ料理、気になるごまの基礎知識についてまとめています。普段の生活にごまを取り入れよう!とお考えの方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか??

「セサミンを含むヘルシー食材・ごまの魅力を検証」ページを見る

【徹底調査】購入前にしっかり聞きたい!セサミンサプリの体験談・口コミ

サプリなどの商品を購入するにあたって気になるのは、他の人の口コミですよね。そもそもセサミンってどうなの?と思う方も含めて、口コミをまとめたページを作りました。飲み始めたきっかけや、続けることができた理由などについてまとめていますので参考にしてみてください。

「セサミンサプリの体験談・口コミ」ページを見る

いろいろなセサミン商品の登場

最近では、サプリに限らずセサミンを含んだ商品がいろいろな形で登場してきています。ここでは、各サプリがどういう人に向いているかを紹介しつつ、サプリメント以外の商品についても紹介していきます。

「いろいろなセサミン商品の登場」ページを見る

ゴマとセサミンの歴史を辿る

ゴマの歴史は古いものの、セサミンが発見されたのは1983年と、歴史としてはまだ浅いのが特徴です。そんなゴマとセサミンの歴史を大まかにまとめてみました。

ゴマが日本に伝来

縄文時代後期(約4000年前)

ゴマが日本に登場した頃です。日本にいつから存在していたのか諸説ありますが、縄文時代後期である4000年ほど前の遺跡からゴマの炭化したものが確認されています。飛鳥時代の大宝律令にはゴマという記載があることから、日本でも古くからの歴史がある食べ物です。

古墳時代~現代

食文化として日本にゴマが定着したのは、仏教が伝わった頃だと言われています。修行僧は肉や魚を口にすることができないため、ゴマはたんぱく質や脂質を摂取するための貴重な食材でした。

ゴマからセサミンを発見

昭和60年(1985年)

前年から京都大学と油脂領域の共同研究を始めたサントリーが、翌年1985年にセサミンを発見しました。

昭和62年(1987年)

サントリーと京都大学が行なっていた健康成分アラキドン酸の研究の際、ゴマ油を入れて失敗したことがあったそう。実験失敗の裏に隠されていたのが、ゴマ油の中のセサミンだと判明したのです。

昭和64年(1989年)

ゴマやセサミンの研究が本格的にスタートしました。サントリーは、九州大学の教授とセサミンの共同開発に乗り出したのです。

平成5年(1993年)

サントリーからサプリメント「セサミン」の第1号が発売されました。当時は青汁やローヤルゼリーのほうが指示されていて、セサミンはあまり日の目を浴びていなかったとのこと。

平成20年(2008年)

セサミンの開発者としてサントリーが農芸化学時技術賞を受賞。セサミンの機能を科学的に解明したことが高く評価されています。

平成23年(2011年)

スペイン・バルセロナで行われた第5回ポリフェノールと健康国際会議で、セサミンの研究成果が発表されました。

現代

数多くのメーカーがセサミンに注目し、独自で研究・開発を重ねてサプリメントを販売。セサミンに限らず、より健康な体づくりができるよう他の成分もこだわって配合しています。

女性ホルモンのような働きをするセサミンの魅力

ゴマリグナンの一種であるセサミンは、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをすることが知られています。卵巣から分泌されるエストロゲンと同じような働きをするため、植物性エストロゲンの1つに数えられているのです。

セサミンのように植物エストロゲンとして知られているのが大豆イソフラボンで、セサミンと同じく抗酸化作用があります。

植物性エストロゲンの力とは?

セサミンは活性酸素を除去してくれるだけでなく、女性ホルモンが不足した体にエストロゲンと同じような作用をもたらします。

ホルモンの分泌異常によって起こる黄体機能不全、更年期障害などへの効果が期待できるのです。もちろん、似たような働きをするだけなので、必ずしも症状が緩和するというわけではありません。あくまでもサプリメントという認識で摂取するようにしましょう。

セサミンによる女性にうれしい効果

植物性エストロゲンであるセサミンは、加齢とともに閉経を迎え、更年期障害が始まって体調不良を抱えている方におすすめの成分です。

  • アンチエイジング
  • 女性機能の改善
  • 更年期障害の改善
  • 肌トラブルの改善
  • 髪の状態を整える

などの効果が見込めます。

活性酸素は紫外線を浴びることでも、肌を守ろうと増えてしまいます。するとメラニンが生成され、シミやそばかすの原因に…。セサミンで活性酸素を除去するのは、肌や髪の状態を整えることにもつながるのです。

女性機能や更年期障害、肌トラブルなどの症状が気になる方は、セサミン配合のサプリメントを取り入れてみると良いでしょう。ただ、セサミンのサプリメントにはゴマ油が含まれています。サプリメントは毎日摂取することになるので、できるだけ低カロリーなものがないか探してみてください。

当サイトの参考資料について

セサミンに関してはさまざまな機関で研究がなされており、効果などについて論文が多く存在しています。当サイトでは、そういった論文を参考にして、セサミンについてなるべく分かりやすく記述をするよう心がけています。当サイトで参考にさせていただいた資料は、以下のようなものになっています。

当サイトではセサミンを含む健康食品を紹介させていただいておりますが、健康食品にはセサミン以外の成分を含む場合があり、掲載している効果について認められているものではありません。各症状の改善には医師による診断と、生活習慣の改善が重要となります。サプリ等の健康食品は補助的な利用をおすすめします。

CONTENTS